スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by Ohigesan
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

M06 Series Atomizer

直ドリ見直しキャンペーン実施中!…というわけでもないんですが、今日も直ドリ系のアトマイザー、M06 Series Atomizerのレビューをしてみたいと思います。

M601.jpg

M06 Sries Aomizerはリデザインされた306アトマイザー。メッシュによって精密にコイルがカバーされることで優れたエアフローを実現、濃いフレーバーと強いキックを提供してくれる・・・らしいです。現状MadVapesでしか販売されていないようなので、MadVapesかそこと提携しているメーカーが製作しているんじゃないかなと思います。

このブログは思います、とからしいです、という言葉が踊りまくる適当な説明が特徴です。:D


306アトマイザーはまあ306Cisco一択!みたいな雰囲気があるんですが(なにせGuidtoVaping2011年間ベストアトマイザーですし)、ともあれ実際に色々試してみないと好みかどうかはわかりません。あまり名前を聞かないVisin Steel Hybridの評価が自分としては超高い状態ですし。

ちょうどボトムフィーダーMODも手に入れたことだし、色々試してみておる最中…というわけです。


で、見た感じの印象ですが、306らしく上に金属メッシュのブリッジが渡され、そこからファイバーウィックが見えています。ファイバーウィックは見えていないものの方が多いように思うので、ウィックの量が多いのかコイル上部を覆う形なのか、普通のものとは違う雰囲気を感じます。抵抗は2.5Ω。所謂SR(Standard Resistance)になります。


M602.jpg

センターには大きめのエアホールが開いていて、サイドに2つ小さいエアホールが開いています。構造としては結構スタンダードに見えますが、センターのホールが大きいのでこれもボトムフィードはできそう…。サイドのエアホールからあまり漏れないでくれるといいんですけど。


M603.jpg

306DCAに装着しようかとも思ったんですが、あちらは306Cisco先生が占領されていらっしゃるので今回はドリップシールド着用で使ってみます。510エクステンションを忘れずに…。


M604.jpg

ひとまずmini eGoの一般的な環境で吸ってみます。2.5Ωなのでノーマルバッテリーではちょっとパワー不足かも知れませんが…。



・・・


結論!パワー全然たりない!ProVari先生~~!!:D


M605.jpg

気を取り直してもう一度やり直し。4.2~4.5Vくらいで吸ってみると、ちゃんと煙が出てくれるようになりました。吸ってみた印象としては、

・4~5滴ほどでジュルジュル言って、煙量が激減する
・落ち着くと結構滑らかで美味しい煙が出る
・ドロー重めでキックもまあまあ
・落ち着いた状態で5回位吸うと、焼けた風味が混ざる
・2滴ほど追加すると最初に戻る
・下からは全然漏れない!

…という感じ…。うーん、下から漏れてこない以外いまいちなような気が…。

まず、リキッド保持量は4滴程度なので普通です。ただ、ジュルジュルが治るのにちょっとかかり、おお良い煙が出てきた!と思ったらすぐにドライ風味が混ざります。美味しい瞬間は306Ciscoにもひけを取らない美味しさだと思うんですが、結構あっというまにその瞬間が終わってしまう…。

直ドリアトマは下から漏れるのが悩みだったりするのでそれが全然起きないのは素晴らしいポイントなんですが、いかんせん肝心の味がすぐマズくなってしまうのではちょっと常用には耐えないように思います。ジュルジュルになった際は3.7V程度だとほとんど煙が出ず、4.5Vくらいに上げてなんとかジュルジュルがなくなるところまで持っていく感じ。で、ジュルジュルがなくなったら4Vくらいに下げて…とか色々やってみたんですが、結論としてはどう頑張っても割とすぐドライ風味が出てしまいました。


ボトムフィーダーでも試してみようかなと思っていたんですが、違うリキッドを使ってしまっていたので洗浄してまで持っていく価値はないと判断、レビューを終えることにしました。



うーん、これ使うなら306Ciscoで十分かな、と…。
今のところ、味の306Cisco、取り回しのVision Steel Hybridの2大巨頭の牙城は崩せませぬ。

残念!次いってみよう!:D



そうそう、とはいえこれは個体差やフルーツ系のリキッドと合わなかった可能性もあります。濃い甘い系だとむしろ軽く焼けた風味が美味しかったりするので、興味があったら試してみて下さいな~。


お買い求めはMadVapesで!
スポンサーサイト
by Ohigesan
01:57 | 306アトマイザー | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

SR306 Atomizer Cisco Spec

今回は直ドリアトマイザー、 SR306 Atomizer Cisco Spec を試してみます。

30603.jpg

306アトマイザーは結構前からある規格らしく、コイルの上にファイバーウィックがあり、更にその上に金属メッシュのブリッジが渡されているのが基本である模様。直ドリ派には味がいいと人気らしく、その中でもCisco製のアトマイザーはGuidtoVaping.comで2011年ベストアトマイザーに選ばれた逸品。

Ciscoというのが会社なのか個人なのか(フォーラムでCiscoさんという方が発言されているので、個人?)わかりませんが、とにかくよろしいらしいので購入してみました。306という別の規格なのですが、コネクタ部分は510規格と共通なのでeGoバッテリーでもProVariでも問題なく使えます。違うのは筒の太さで、ドリップチップやドリップシールドは専用のものを使うかアダプターをかませる必要があります。

抵抗は1.5Ω~3.5Ωまで選べます。今回は電圧調整しながら吸いたかったので、2.5Ωのスタンダードをチョイスしています。


30601.jpg

最初はこんな感じの筒に入った状態。この筒を外すとアトマイザーが現れるのですが、この筒が結構ガッチリはまっていて簡単には外れません。よくやる方法ですが、eGoバッテリーに一度接続してグリップを確保してから引っこ抜きます。


30602.jpg

こんな感じ。できればこわれてもいいバッテリーでやったほうがいいかも。あまりに力を入れすぎるとバッテリーが壊れることがあるらしいですので。まあとはいえ、これはそんな強くはまっているわけでもないので大丈夫そうですが。


30604.jpg

外してみるとこんな感じ。金属メッシュのブリッジのしたに見える白いのがウィックです。ここにリキッドを垂らして吸うんですが、当然ながらこのまま垂らすとリキッドが漏れます。そこで、普通306アトマイザーにはドリップシールドという別の筒をかぶせ、さらに306ドリップチップ(吸い口)をくっつけて使うことになります。

・・・なるんですが、今回はちょっと変わった Deep Contour 306 Stainless Steel Drip Tip というドリップシールド型ドリップチップを使ってみました。


30605.jpg

これには内部にシリコンカバーが入っていて、このまま筒におっ被せて使います。多分。使い方説明とか特になかったので、多分これであってるはず!:D


30606.jpg

がっちり筒に密着してくれるので、これでもう漏れません。シリコンカバーのやわらかさのおかげで、様々な規格(筒の太さ)のアトマイザーに対応しているとのこと。見ればわかると思いますが、結構デカいです。


30607.jpg

ドリップチップの吸い口が結構大きめにできているので、この上からリキッドを垂らします。吸い口にリキッドが触れるとティッシュで拭かなければならないため、若干面倒。まあ、上手くやればいちいちドリップチップを外してからリキッドを垂らす必要がない分楽なのですが・・・。今回はいつも吸っている Copper Creek のPeach Lemonadeで試します。

最初に4滴ほど垂らしてちょっと待ち、更に1~2滴垂らしてから吸います(HPにそうしてくれって書いてありました:D)。垂らしたらそのまま吸えるとのことだったので、これには特にプライマー代わりのPG液とかは使われていないようです。


・・・うおっ、超イガる!
・・・まあ待て、しばらく吸ってればこなれてくるはず・・・!


こなれてくるのをしばし(吸いながら)待つこと5分くらい。旧に煙が爽やかに。そして美味い!いつものCherrful Drippy2と比較すると煙の質がなめらかに感じます。喉にくる刺激がいつもよりやわらかい感じ…。シングルコイルの綿カトマでもあるんですが、キックではない若干突き刺さる刺激がこれはほとんどありません(すい始めやチャージ直後には出ますが)。


味はかなり爽やかに出ます。直ドリならではの濃さと、煙の質からくる爽やかさがなかなかいい感じ。

ドローはかなり軽め。Cheerful Drippy2 よりも明らかに軽いです。その分若干キックは弱めなので、3.7Vの場合は少し長めに吸うほうがいいかもしれません。味の濃さでは優劣が明確に出るほどではないように感じましたが、煙の質からかこちらの方が心地よく吸える気がします。

まあ、9ドルするのでそう思いたいだけかも知れませんが。:D
いや、美味い!美味いよ!



なんにしても、家での直ドリはやはりジャスティス!と思わされる良いアトマイザーでした。ちょっと高いので洗浄して繰り返し使う前提で、お気に入りのリキッドで使うのがいいんじゃないかなと思います。

オススメ!


30608.jpg


そうそう、購入は Avid Vapor。ここからはまた別の直ドリアトマイザー、HH357も購入しているので、また近くレビューしたいと思います。
by Ohigesan
07:02 | 306アトマイザー | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。