スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by Ohigesan
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

The Art of the Exhale リストオープン中

本日2つ目のエントリ。MODオーダーのお知らせです。

Vapor WallのThe Art of the ExhaleコーナーでGenesisアトマイザー HYDRA 、直ドリアトマイザー STAMER GRYPHON のオーダーリストがオープンされています。

3つともチタン製のアトマイザーらしく、HYDRAはトップコイル&ボトムコイル方式で3mlタンクにタンクカバーつきの構造。以前紹介したBlissに似たアトマイザーに見えます。STAMERGRYPHONは共に直ドリ用のアトマイザーのようで、SATMERProVariとのデザイン親和性がよさそうに見えます。

詳細はそれぞれのリストスレッドで見ることができます。


※注意点
この方はウクライナの方らしいのですが、どうやらPaypalが使えないらしくWestern Unionという送金サービスを経由して支払いを行う必要があります。自分も使ったことがないので詳しくはわかりませんが、調べる限り日本からはWestern Union加盟店で用紙に記入、支払いを行うことで送金が行われる仕組みのようです。

詳しくはウェスタン・ユニオン ジャパンHPをご確認ください。

加盟店が近くにない場合は送金が難しい模様なので、実際に支払いが可能かどうかよく確認の上でリスト登録を行うべきかなと思います。


リストの登録はスレッドのSEND REPLYから

自分のニックネーム x1

と書けばスレ主がリストに追加してくれます。


毎回繰り返しますが、MODは初期不良やトラブルがつきものです。購入は自己責任でお願いします。
スポンサーサイト
by Ohigesan
05:22 | 情報 / お知らせ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

Steam Machine Gini (Genesisアトマイザー)

今日はSteam Machineのクリアチューブと、Genesis化キットであるSteam Machine Giniを試してみたいと思います。

smg01.jpg

Steam MachineはギリシャのModder、kalafan氏と atmomixani氏によるウィックタイプのMODアトマイザー。eGoコネクターを採用したスタイリッシュなシルエットが魅力のアイテムです。結構人気は高いアトマイザーで、自分が入手した時点でのシリアルナンバーが379、現時点では少なくとも622番まで作られているようです。

で、最近そのSteam MachineをGenesis化するキット、Steam Machine Giniが発売されました。普通のタンク式のアトマイザーであればアトマイザーベースの機構をちょっといじればGenesis化できるんですが、Steam Machineは綿にリキッドを含ませてリキッドを保持する方式…。いったいどうやってGenesis化するのか?と思いきや、なかなか斬新な方法でGenesis化を実現しています。

そのあたりに注目しながらレビューしてみようと思いまする。:D


smg02.jpg
smg03.jpg


Giniを紹介する前にちょっとオマケ。様々なMODアトマイザー用にクリアタンクを製作されているKirFanis氏によるクリアチューブをご紹介してみようかと思います。Steam Machineは分解すると写真の左からアトマイザーベース、チューブ、綿を押し込むタンク(タンクじゃないけど)部分、ドリップチップに分かれます。

今回のクリアタンクはこのチューブ部分を差し替えて使用します(セットアップしてないのでウィックは見えませんが)。このクリアチューブ、ステンレスパーツにアクリル樹脂のクリアパーツが半々の構成になっていて、こうすることで元の雰囲気を損なわずにクリアウィンドウ化することに成功しています。

いやー、こういう一手間、いいですよね!普通クリアパーツ化するのって、タンクをクリアタンク化して内部のリキッドを見えるためにするんですけど、これ内部のリキッドとか全然見えないですからね!単にかっこいいだけですからね!

ええ、こういうの大好きです。:D


smg04.jpg

さてさて、気をとりなおしてSteam Machine Giniのレビューに移ります。自分はノーマルのSteam Machineからのアップデートキットを購入しましたが、最初からGenesis化されたセットも販売されています。

アップデートキットと言ってもノーマルのSteam Machineからの流用パーツは左側のアトマイザーベース部分のみ。本来ここにセットされる金属製のリングとセラミックカップは使いません。元々はセラミックカップにウィックとコイルを押し込んでセットアップしますが、Giniではこのチューブの上部でコイルセットアップを行う形になっています。


smg05.jpg
smg06.jpg

チューブを分解すると上の写真のような状態になります。これは本当に設計思想が素晴らしいと思うのですが、Giniではコイルセットアップを行うアトマイザーベースはアトマイザーの中程に位置しています。で、このアトマイザーベースの下の空間(下の写真)は何に使うのかというと、そこにチューブをはめることでなんとリキッドタンクとして機能することになります。

アトマイザーベースから飛び出る針のようなパーツにはOリングがついていて、以前セラミックカップがはまっていた穴に刺さることで密閉、チューブがはまるとタンクとして使えるようになるわけです。元々はボトムコイル型のアトマイザーが、なんとトップコイル&ボトムタンク式に早変わり!

これはなかなかすごい・・・!:D


smg07.jpg

アトマイザーベースはシングルコイルセットアップのみ可能な形。下側のワイヤーはマイナスネジで固定する形ですが、ネジの形が少し縦に長いのが特徴的。

更に変わっているのがセンターポールで、センターポールにはスプリングがはまっていて、その上にワッシャーとナットが配置されています。このワッシャーとナットの間にワイヤーを押しこめばセットアップが可能…というわけです。更に、ナットを回しこむとスプリングが押し込まれて下に下がり、センターポールの電極の高さ調整も可能です。

おお、これもなかなか新しい!
…と思ったんですが、ここにはちょっと問題が…。


smg08.jpg
smg09.jpg

いつもどおりステンレスメッシュウィックづくりは省略してしまいますが、セットアップにはかなり苦戦させられました。センターポールにつけられたスプリングがなかなか固く、ワイヤーを押し込むのに結構気合が必要です。で、思いっきりひっぱるものだからウィックがセンターポールに接触するくらいまで引き寄せられてしまい、それを補正しようといじっていると今度は挟んでいるだけのワイヤーが外れる…という事態が頻発しました。

それだけならまだいいんですが、ミスって手が滑ったりすると力が入っている分手のコントロールが利かず、一度はウィックをぶち折ってしまいました…。ええ、ぶち折るとさすがにウィックから作り直しなので結構イラっとしまする。:D


また、力を入れてワイヤーを押しこむため、最上部のワイヤーに結構なテンションがかかります。結果毎回最上部のワイヤーにホットスポットが発生、かなり色々いじらないとなかなか消えてくれない状態になりました。で、ここをまたいじりすぎるとセンターポールからワイヤーが外れてくれるという…。



元々のSteam Machineはワイヤーセットアップがかなり面倒(抵抗ありのワイヤーとなしのワイヤーをこより合わせる必要がある)だったんですが、Giniではその面倒さからは開放されています。センターポールのスプリングもセットアップの簡単さを考慮して採用したんだと思うのですが、もう少しスプリングの強度に気を遣ってもらいたかったところ…。

正直、自分としては結構セットアップしにくいGenesisアトマイザーに分類しちゃうかなあ、という感じでした。


smg10.jpg

で、最後に横のフタを外してリキッドホールからリキッドを注入、トップキャップをかぶせて終了です。トップキャップはOリングでの固定式のため、ウィックの真正面にエアホールをセットすることが簡単にできて良い感じです。:D



smg11.jpg

出来上がり。使ってみた感じとしては、

・ドローは標準的
・煙はかなり多め。爆煙まではいかないかも。
・味もなかなか濃く出る
・今のところタンクからのリキッド漏れなし

…とまあGenesisアトマイザーとして十分合格点な使い心地。元のSteam Machineと同じくeGoバッテリーに合うデザインもあってなかなか満足感のある使用感です。


総じてみると、設計思想の斬新さがかなり素晴らしい印象があり、使用感もなかなか。これでセットアップ時の面倒さがなければかなり良いアトマイザーだと思います。ただ、このスプリングには本当に苦労させられたのでその点は結構マイナスポイントが大きいかなあと思ってしまいました。

また、アトマイザーベースの空間が狭いため、ウィックの長さや角度には結構気を遣う必要があります。この点もセットアップしにくさに一役買っているかも知れません。


自分が不器用なだけかも知れませぬが。:D


次回は合うナットを探してきて、スプリング外してナットに挟む普通の方法でセットアップしなおしてみようかなと…。多少欠点はありますが、eGoバッテリーに合うGenesisアトマイザーとかそうそうないので、チャレンジしてみる価値は十分かなあと思います。

まあまあオススメ!:D



購入はVapor WallのAtmomixaniコーナーからKalafan氏に英語でプライベートメッセージを送ると、Paypal経由で購入が可能になります。

Gini フルキットは82.41ユーロ
Gini アップデートキットは49.51ユーロ
に送料が必要になります。

Kalafan氏にいくら?と聞いてみると教えてくれると思います。
…が、Kalafan氏、Atmomixani氏のギリシャ専用のウェブショップを見る限り、現在品切れ中の模様…。コンタクトは在庫が復活してからの方がいいかも知れませぬ。


そうそう、Kir Fanis氏のクリアチューブもVapor WallのKir FanisコーナーからKir Fanis氏にプライベートメッセージを送ればPaypal経由で購入が可能です。

こちらは送料込みで17ユーロ。まあ、機能面はとくにないので、遊び心でどうぞ。:D
by Ohigesan
04:23 | MOD(APV)アトマイザー | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

Kanger Bottom Coil Clearomizer

今日はKanger Bottom Coil Clearomizer を試してみたいと思います。

kb01.jpg

Kanger Bottom Coil Clearomizerは読んで地のごとく、Kangertech製のボトムコイルクリアーロマイザーです。ボトムコイルと言えばCE系カトマが有名ですが、最近はダダ漏れ個体が多いことが悩みの種。色々探しているうちに、最近はStardust型ボディにボトムコイルを仕込む商品が登場してきています。

Kangertech製品はOEMまみれの中国系メーカーの中では割と独自路線の印象があり、結構いいメーカーという印象を持っています。さてさて、今回のはいかに…?:D


kb02.jpg

マウスピースを外すと見慣れない白いポールが飛び出しているのが目に入ります。おおお、なんだこれ。見たことない…。地味にマウスピースもOリングがはまったStardust系と比べてネジスレッドの感じやOリングがない、内部構造も若干違う…と、Stardustコンパチ商品ではないことが伝わってきます。


kb03.jpg
kb04.jpg

チューブから飛び出す白いポールは指で押しこむことができます。写真下が押し込まれた状態なんですが、押し下げられた赤いパーツは普段はチューブの入り口に押し付けられていて、どうやらリキッドがマウスピースに逆流するのを防ぐ機能を果たしているようです。で、これを押し下げると赤いパーツが下にさがり、チューブとの間に隙間ができてリキッドがチャージできるようになります。

おおー、この機構も見たことない!


kb05.jpg

3回ほど前に紹介したKanger T2 Replaceable Top Coilにもあった下部のエアホールがこれでも採用されています。Stardustと違ってこれらのKanger製品には山の多いネジスレッドが切られていて、eGoコネクターとできちんと密閉、結果エアホールを塞ぐことで簡易的なエアフローコントロールを提供してくれます。


kb06.jpg

リキッドを入れてみて気づいたのですが、下部の白いシリコン的なパーツのすぐ上に小さな穴が開いています。そういえばこのカトマ、よく見ればウィックが全く露出していません…。CE系でもちょびっとですがウィックが見えているので、これはまたなかなか斬新な機構に見えます。

恐らくこの小さい穴の内部にウィックが入っており、穴から内部に入ったリキッドがウィックを濡らす形なんだと思います。ただ、そうなると内部へリキッドが流れだし、結果下からダダ漏れなりそうなのがちょっと怖いところ…。

そう思いながらリキッドをチャージしていたら、案の定下から漏れました。上で紹介したポールを押し下げた際の隙間が思ったより小さく、傾けたりしながらカチカチ押し下げを繰り返していたら下からポトポトと漏れた感じです。その後連打しないでゆっくりリキッドをチャージしたところ、漏れることはなくなりました。

うーん、まあやはり漏れにはセンシティブみたいです。ただ最終的には全く漏れずにチャージできましたので、チャージに若干コツがいるタイプなのかなあと思います。



kb08.jpg

…というわけで試し吸い。いつもどおり小一時間吸った状態でのファーストレビューです。


・ドローは標準的な重さで、特に穴を塞ぐ必要なし。
・キックは思ったより強めに出る印象。
・煙量はStardust系と遜色なく、けっこう多めで満足。
・若干煙質がトゲトゲしいかも…。
・味は甘さ強調よりもクリア系に感じる
・(今のところ)漏れない、イガらない、ジュルらない

…といった感じ。
心配していた漏れはリキッドチャージ時に1回起こっただけで、その後は発生しませんでした。ドロー・キック・煙量は標準的で良い感じです。ただ、少し喉に刺激がある感じで、若干煙質はトゲトゲしいかも知れません。そうそう、2.8-3.0Ωを選んでしまったので出力は4.0Vくらいまで上げて吸っています。3.7だと若干力不足を感じました。

味は…。ちょっといつものリキッドが切れてきてしまい違うのを使ったのでダイレクトな比較はできないのですが、どちらかというと甘さが強調されて鼻から抜ける感じではなく、あっさりとクリアな味が出るように思います。Stardust系列と比べると何劣る感じはしませんが、逆にボトムコイル故の味の違いもあまり感じず…。漏れる可能性も考慮すると別にStardustでもいいかなあと思ってしまいました。



全体的な評価としては決して悪いカトマではないと思います。ただ、不安定なボトムコイルを許容するにはやはりどこかしらに抜けた長所が必要で、ちょっとこれはそこが物足りないかなあと…。まあ、味は違うリキッドを使ってしまったのでレビューとしての信憑性はちょっと低いかも知れませんが。


悪くない!が、あえてこれじゃなくてもいいかなあ、というちょっと中途半端な感じでした!
味の面ではちょっと断言するには感覚だよりすぎますので、興味があれば試してみてもいいようには思います。


えー、お買い求めはVapor Alleyから。お値段は3.99ドルです!
by Ohigesan
04:58 | eGoアトマイザー | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

Diablo Hybrid リストオープン中

本日2つめのエントリ。MODオーダーのお知らせです。

UKVapersのDiabloコーナーにて、Diablo Hybridのオーダーリストがオープンしています。こちらはバッテリーとGenesis / Wick両対応のハイブリッドアトマイザーのセット商品。キーフィーチャーは

- Rebuildable genesis style atomizer
- All parts are made of 316L stainless steel
- Tank is borrosilicate glass with 2.5mm thickness (pretty much unbreakable)
- Possibility to use AW IMR 18350 or AW IMR 18650 batteries
- Magnetic bottom switch with locking
- Serial number

とのこと。写真を見る限りアトマイザーはthe DIDCobraと同じトップコイル&ボトムタンク方式のようです。どうも510コネクターではないっぽいので、使う場合はこのバッテリーとセットでなければならず、OrionZenesisと同じセットアイテムである模様…。

お値段は150ユーロ+送料(+追加タンク&Oリングに15ユーロ)。正直バッテリーとセットなので汎用性は低いのですが、OrionZenesisのようなその分小ささや機能面で人気がある商品も存在しています。これはどうなるか未知数ではありますが、チャレンジするのは面白いんじゃないかなあとは思います。

注文はリストのスレッドにあるメールアドレスに、フォーラムニックネーム、名前、住所、国、追加タンクの有無を送ると、製作者がリストに追加してくれる…という若干変わったスタイル。登録後支払いの準備ができたら先方から連絡があるようです。

毎度繰り返して申し訳ないのですが、MODは故障やいろんなトラブルがつきもの。
購入は自己責任ということで…。
by Ohigesan
01:57 | 情報 / お知らせ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

Vermillion River リキッドその2

今日はVermillion Riverのリキッドを試してみたいと思います。

vr02.jpg

Vermmillion River は以前レビューした際にかなり高評価だったミネソタ州のリキッドショップ。前回は本店でない所に卸されているものを別アイテムのついでに注文したので種類が選べなかったので、今回種類多めで試すべく本店で注文してみています。


今回注文したのは

・Summer Breez
・Hard Lemonade
・Mystic Cherry Jr.
・Malibu Pinapple
・Fruit Stripe Illusions


の5種類。相変わらずフルーツ系ばかりのラインナップです。:D
まあ2回目のレビューですし、とっとと試し吸いを開始したいと思いまする。
いつもどおりCheerfl Drippy2直ドリでのレビューです。


・Summer Breez
リフレッシュする夏の香り…と書いてあったんですが、うーん、自分にはちょっと合わないみたいです。
ケミカル臭が鼻につく!という感じはないのですが、純粋にフレーバーが好きになれません。
ぴったり当てはまるフルーツが見当たらない感じなのですが、
なんとなくベリー系によくあるクセを感じます。
思ったより甘めでリフレッシュというよりもったりするイメージに、クセが混ざったというか…。

残念!次に期待!:D


・Hard Lemonade
あれれ、これもちょっとイマイチかしらん…。
ハードと書いてある割にはむしろレモンの風味は控えめで、
全体的にはっきりしない味に感じました。
決して悪くはないのですが、レモネード系であればCopper CreekやHighbrow Vaporで
いいのがあるので、これはちょっと選ばないかなあと…。

むむ、もしかして前回のレビューは当たりを引いただけだったのかな…?


・Mystic Cherry Jr.
Cherryは結構ケミカル臭がする物が多いので、一番期待していないリキッドなのですが、はたして…?

ええ、やっぱりイマイチです。
ワイルドチェリーのフレーバーとあったのですが、アメリカのワイルドチェリーは
いわゆるさくらんぼとは少し趣が違うんですよね。
これもご多分にもれずややケミカルな風味が混ざっていて、
爽やかな甘さという方向性ではないように思います。

むむむ…、暗雲が立ち込めてきました。:D


・Malibu Pinapple
うん、これはまあまあ美味しいです。前回試したHwaiian Pinappleと似た系統の味ですが、
若干こちらの方が甘さ・酸味共に控えめかも知れません。
Hawiian Pinappleの方は若干わざとらしいくらいパイナップル!という感じなので、
それに比べるとちょっとパンチに欠ける印象…。

決して悪くはないのですが、同系統劣化版にはさすがに良い評価は出せない感じです。


・Fruit Stripe Illusions
うーん、期待していた評価が出せないまま最後になってしまいました。
これはフルーツストライプガム味!ということなので、ちょっとバクチかなと思いつつ注文したもの…。

おお、美味しい…!美味しい?うーん、そこまででもないかなぁ…?という第一印象。
前回レビューしたFlorida Citrus Explosionのような柑橘系の爽やかな風味に、
そこはかとなくまざるケミカルっぽいクセ…。
このクセが後味をちょこっと悪くするように感じました。
ぐぬぬ!これなければかなり美味しいリキッドなのに!!

えー、結局最後までこれは美味い!というフレーバーは見いだせませんでした。残念。



全体的な印象としては、ケミカル臭はあまりなくベースリキッドは悪くないと思うのですが、なぜか肝心のフレーバーがはっきりしなかったりクセがあったりと問題がある感じ…。前回のHawiian PiappleとFlorida Citrus Explosionの気持ち良い美味しさと比べるとどれも結構劣るように感じてしまいました。

色々試してみた感じとしては、どうもリキッドによって当たり外れが激しいお店なのかもしれません。うーん、期待していただけにちょっとがっかり…。



まあでも、リキッドなんてハズレの方が多いもの!
次に期待しよう、次に!:D
by Ohigesan
01:40 | リキッドレビュー | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

VA Double Barrel

更に続きますクリアーロマイザーおじさん…の中でもかなりの変わり種。
今日はVA Double Barrelを試してみたいと思います。

db01.jpg

VA Double Barrelは・・・、いつもであればここにどこ製のどういう出自のアイテムでする、という紹介を書くんですが、これは他で全く見たことがない上に検索してもこのショップ以外ヒットしない・・・謎のアイテムです。:D VAは多分ショップであるVaporAlleyの略なんだと思うので、恐らくこれはVaporAlley開発のアイテムなんでしょう、たぶん。

見ての通りクリアーロマイザーの中に2本のチューブが仕込まれていて、構造的にはボトムコイル方式を採用しています。タンクサイズは大きさに見合う4.5ml。デュアルコイルが人気なのであれば、クリアーロマイザーでもデュアルコイルに…!いや!ダブルバレルにしてしまえばいいじゃないか!…という感じで開発されたかどうかはわかりませんが、この乱暴でやりすぎた感じが最高です。

もう本当にこういうテンション芸を感じる商品とか買いますね!買っちゃいますね!:D


2つのカートマイザーを同時に使って強引にデュアルコイルにしよう!というE-LIPSという電子タバコが他にもありますが、タンクの中に2本バレルを通したものは初めて見ました。更にそれをただでさえ漏れやすいボトムコイル方式でやろうとか、その気概に震えるものがあります(いい意味でも、悪い意味でも:D)。


db02.jpg

コネクターは510規格で、そのすぐ上に2つのボトムコイルが格納されたバレルが見えています。


db03.jpg
db04.jpg

マウスピースを外すと小さいシリコンキャップがリキッドホールを塞いでいて、これを外して内部にリキッドを供給します。キャップは完全に閉じているわけではなく、小さく穴が開いています。うーん、タンク上部を密閉した方が空気の入り道がなくなって漏れなさそうな気がするんですが…。何か理由があるんだと思いますが、ちょっとわからない感じです。


db05.jpg

一番上の写真にも入っていますが、eGoバッテリー用のネジスレッドを隠すカバーが付属してきます。で、それをつけてeGoバッテリーにつけるとこんな状態に。

…ごまかせてない、何もごまかせてないよ!!

もうサイズ的にどうやってもあんな小さいスレッドカバーでデザイン親和性の無さは隠せないのはわかりきっているのに…。ちょっと気にしてみました!的に付属させてくるあたり色々ツボです。:D 


db06.jpg

さすがにこれでは隠せないだろうということで、大サイズDCT用の大型スレッドカバーを使ってみました。このVA Double Barrelは円柱ではなくやや潰れた楕円柱なんですが、今度はその形が災いしてスレッドカバーがはみ出します。

まあ、諦めて素直にProVariで吸うことにしまする。:D


db07.jpg
db08.jpg

リキッドをチャージして抵抗を測ってみると1.8Ω。1.5~1.8Ωが想定値なので、想定通りの数字が出ていました。こちらは合成抵抗なので、実際は3.6Ωの抵抗が2つついている計算になります。(合成抵抗は1÷(1/抵抗1+1/抵抗2))


…というわけで、紹介はここまで。リキッドを充填したらコイルに浸透するまで5-10分待て、と注意書きがありましたので、ちょっと待ってから試し吸いをしてみます。


db09.jpg


吸ってみたところ、

・味は結構クリアに出る。CE系というよりStardust系に感じる。
・3.7Vだとちょっと出力不足、4.2Vくらいでちょうどい感じ
・ドロー結構重め
・キックはまあまあ
・チェーンスモークするとリキッド供給が追いつかない感じ
・今のところ漏れない、イガらない、ジュルらない

…という感じ。
最初はおお、いいじゃん!思った以上に素直なカトマじゃない!と思ったんですが、大きな問題が一つ…。リキッド供給量が追いつかず、チェーンスモークにはちょっと厳しいです。味はかなりクリアに出ますし、ドローも重めでなかなか美味しいと思うのですが、7~8回連続で吸うとリキッド切れの症状を呈してきます。一瞬待てば回復するんですが、これは結構致命的な気がしました。

また、合成抵抗1.8Ωの場合3.7Vではちょっとパワーに欠ける印象があり、4.2Vくらいにするとなかなかの煙量になります。なるのですが、その場合はよりリキッド供給量が追いつかない症状が加速するため、結局3.9Vでだましだましチェーンスモークする形に落ち着きました。

ボトムコイル故に心配していた漏れは今のところ全く起きていないのですが、とはいえチェーンスモークできないのでは常用には耐えないかなあ…。それさえなければ結構良いカトマだと思うのですが。



まあ、レビューとしては若干微妙な結果となってしまいましたが、とはいえこの意気はよし!非常によしッ!
ぜひともこういった商品にはチャレンジし続けてほしいなあと思います。これに対しては全然役に立ちませんが、eGoスレッドカバーがついて$8.99であれば、まあいいかなと思えなくもないような、ダメなような…。

色々楽しませてくれた商品でした。一本持っとくと色々楽しい気分になれますよ!
お買い求めはVaporAlleyから。オススメ…はしませんが、いかがでしょうか?:D
by Ohigesan
00:16 | 510アトマイザー | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

Kanger T2 Replaceable Top Coil

連続してクリアーロマイザーおじさんで行きます!:D
今日はKanger製のKanger T2 Replaceable Top Coil Clearomizerを試してみたいと思います。

t201.jpg

T2 ClearomizerHorizontal Coil Cartomizerで名の知れたメーカー、Kanger製のクリアーロマイザーです。KangertechもsmokTechとJoyetech、Visionあたりと同じ中国系メーカーなんですが、OEMまみれでどの会社の製品なのかよくわからない中国系メーカーの中でもKangertechは割と独自路線な印象があり、以前紹介したKR 510 Clearomizerも他ではあまり見ないパーツ構成でした。

今回のT2 Clearomizerは見た感じStardust系と同じトップコイルのクリアーロマイザーで、リプレイサブルコイル方式を採用しています。ただパーツ構成はStardust系統とは微妙に違いがある模様…。タンクサイズもStardust1.6mlに対してこちらは2.4mlで、ちょっと太めなシルエットです。

内部では枝分かれした何本ものロングウィックが露出していて、太めのウィックが長くたらされているStardustのロングウィック版とも少し趣が違います。マウスピースも太めのもので、こちらも他では見かけない形状…。


あくまでイメージだけなのですが、今のところ中国系メーカーではVisionとKangerには良い印象を持っているので、期待しながら試してみようかなと…。:D


t202.jpg

フタを開けるといつもどおりのクリアーロマイザー構造。この隙間からリキッドを流し入れてチャージすることになります。


t203.jpg

パーツはシンプルな3パーツ構成。チューブの取り外しはできず、あくまでコイル部分のみのリプレイスが可能です。Replaceable Stardustはチューブ交換が可能な反面、そこから漏れる個体にあたったことがあるので、自分としては取り外しできなくとも漏れなければネガティブイメージはありません。


t204.jpg

eGoのネジスレッドカバーの部分に2つのエアホールが開いていて、こちらからエアフローコントロールができるとのこと。eGoバッテリーに回し固定した際にネジスレッド部分できちんと密閉できるのであれば、このエアホールを指なりティッシュなりでふさぐことでエアフローを調整することができそうです。

機能してくれるのであれば、こういう気遣いのある構造は嬉しいところ…。


t205.jpg

さてさて、それでは試し吸い…。400mahのミニサイズeGoバッテリーに装着すると、明らかにバッテリーよりカトマ部分のが長い…。:D


・最初ちょっとイガるが、すぐに落ち着く
・煙量・質共に申し分なし
・ドローはやや軽めだが、エアホールを塞いで調整可能
・ドローを重めにすればキックは十分確保できる
・味は甘みが抑えられたライトな感じで、メンソールのスッとする感じが強めに出る
・小一時間程度では漏れない、イガらない、ジュルらない


…という感じ。系統としてはトップコイルクリアーロマイザーの吸い心地で、味は結構ハッキリ出る印象があります。甘みはStardustロングウィックよりも抑え目ながら、メンソールの爽快感は明らかにこちらの方が強めに感じます。

Stardustは1.6mlタンクなので、トップコイルならではの欠点としてリキッドが減ってきた際に横にしたり回したりしながらウィックをリキッドで濡らさないとリキッド切れの症状が出やすい(結果チャージ頻度が上がる)のですが、こちらは2.4mlタンクなのでその欠点は多少緩和されています。

また、思った以上にエアホールを塞ぐことでのエアフローコントロールが機能していて、両方ふさぐと空気が一切通らない状態になります。元のドローは結構軽めなので軽めのドローがお好きな人にも、エアホールを片方ふさいで重めなドローがお好きな人にもどちらにも対応できそう。


うーん、結構良いアイテムに感じる…。今のところ漏れもイガりもジュルりもしない3点セットは維持されているので、濃い甘みかスッと抜ける感じか、どちらを重視するかで選んでよさそうに思います。なかなか高品質なクリアーロマイザーなのではないかと…。:D


若干シルエットが太い感じはありますが、使い勝手は良好だと思います。なかなかオススメ!
購入はGotVapesから…なんですが、ただ今絶賛品切れ中です。やっぱ人気なんですかね。:D
by Ohigesan
03:44 | eGoアトマイザー | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

Good Sence Vaper 306DCA在庫補充

以前紹介したGoodSense Vaporの306DCACloud9 Vapingにて在庫補充されているようです。

割とすぐ売り切れてしまうアイテムですので、興味が有る方はお早めにどうぞ!
本家ショップはずっと品切れしっぱなしです…。:D
by Ohigesan
03:00 | 情報 / お知らせ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

GotVapes AlphaStar

なんか久しぶりになってしまったClearomizerおじさん復活!
今日はGotVapes AlphaStarを試してみたいと思います。

as01.jpg

GotVapesは 「GotVapes Alpha」 という新製品ベータテスターみたいなことを会員を募ってやっていて、今回紹介するAlphStarはそこでテストされていた商品のようです。

Stardustコンパチのボディ、マウスピースを採用していて見た目はそっくりなのですが、タンク内に飛び出したウィックがない代わりにセンターチューブに4つの穴が開いています。ボディはStardust V1(初代スターダスト)を流用していて、そのためリプレイサブル機構ではありません。

どうもECFのアルファスレッドではかなり人気があったようで、味が非常にクリアーであるとのこと。まあStardust信者で新製品ジャンキーのOhigesanとしてはこれは試さずにはおれん!ということで、購入してみることにしました。



…いや、大抵のモノは試さずにはおれんのですけれども。:D


as02.jpg

写真だと若干わかりにくいのですが、センターチューブの上部、シリコンキャップの下にはスリットが入っていて、ここからもリキッドが内部に供給される模様です。…というか、そもそもこれはトップコイルのクリアーロマイザーのはずで、センターチューブに4つ開いた穴はリキッドのコイル供給にどういう意味を持つのかいまいち判然としませぬ…。どうもセンターチューブに開いた穴からはウィックらしきものが見えていて、ここからもリキッドがコイルに供給されているようなのですが…。

センターチューブ上部にあるスリットは普段のスターダストにも存在していて、普通はここからウィックを出しています。ウィックを出さなくなった分センターチューブ内にもウィックを配して、センターチューブの中部・下部からもリキッドを供給できるようにしたんでしょうか。うーん、使ってみないと差はわからないですね。:D


この商品はJoytechのディストリビューターからもたらされたものらしいので、これが人気があるならそのうち派生型が色々出るのかも知れません。


as03.jpg
as04.jpg

言っている通り、初代Stardustとボディは全く同じに見えます。クリアタンク、バッテリーコネクタは見た感じでは違いは見当たりませんでした。

さてさて、それじゃあ吸ってみて確かめてみることにします。:D


as05.jpg

まず大きな違いは、吸っている際の音。どちらも吸った際に中でリキッドが蒸発するパチパチ的な音がするのですが、Stardsutはややくぐもった音で、AlphaStarは乾いてハッキリした音がします。感覚的にはCE系のクリアーロマイザーと同じ感じで、随分違う印象を受けます。

次にドローがStardustより随分軽いです。Stardustはかなり重めのドローで、eGoバッテリーによっては吸えないレベルになってしまうこともあったんですが、こちらは3本ほど試してどれでも程よい軽さ。それもあってキックは若干弱めなのですが、長めにゆっくり吸うとパンチのあるキックを提供してくれます。

煙量は結構沢山出てくれて、煙質も滑らか。その点では初代Stardustは凌駕しているかも知れません。


味は…。


あ、味の前に、自分は今のところStardustのロングウィック版が一番味が濃く出ると思っていて、MODアトマイザーと並行して常用しています。それとの比較としてお考えください。


で、味。


うーん、クリアーというより若干ライトというか、ほんのりドライというか、パンチ力としては若干落ちた感じがあります。ロングウィックの方は鼻にリキッドのフレーバーが抜ける感じがあるのですが、これは若干それが弱めで、むしろ初代Stardustと似た系統の味に感じます。初代と比較すると若干ドライな風味があるかな?という感じで、これは好みの問題な気がします…。

2.4-2.6Ωですが、eGo-C Twistで4.5Vくらいにすると焼けた風味が混ざるので、若干ドライな風味には敏感なように思いました。3.7V近辺でチェーンスモークする分にはリキッド供給不足な感じは一切出ず、快適に吸うことができます。




うーん、最終的な評価としては、甘さがライトにななる点をどう捉えるか、という問題に思いました。Stardustと比較して何劣る所はないと思うのですが、最近お気に入りのロングウィックの味の濃さと比べるとちょっとパンチが弱い気がして、まあこれならロングウィックを吸い続けるかなあというのが自分としての結論でした。


悪くは全然ない!というか一般的なクリアーロマイザーからすると珠玉の出来なんですが、Stardust系全般を見るとベストではないかなあと…。今のところ漏れない、ジュルらない、イガらないの3点セットも健在なので、味の好みの問題だと思います。Stardustの甘い感じが気になる方は試してみても損はしないアイテムかなと、自分としては思いました。


悪くないアイテムです!でも思ったよりは中途半端かしらん。という感じ!


購入はGotVapesから。今ならセール価格で$3.95です!
by Ohigesan
00:45 | eGoアトマイザー | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

SS GGTS / GG UFSプリセール中

今日はちょっと別の趣味が忙しいのでちょい話など。:D
2012版のSS GGTSUFSのプリオーダーやってますよ!というお知らせです。色々面倒ですしトラブルが起きる可能性もあるので、注文は自己責任でお願いします。

以前紹介したGolden Greek Penelopeは、Imeo氏が開発する一連のMODシリーズの一つ。Penelopeの他にもサイズ可変のテレスコピック方式を採用したバッテリーチューブMODのGolden Greek Telescopic Storm(GGTS)、今で言う所のカートマイザータンクであるAutomatic Vaping System(AVS)、510直ドリアトマにボトムフィーダーでなくタンクからリキッド供給ができるUninteruppeted Feeding System(UFS)など、新しい発想と機能性を持つ商品をラインナップしています。

(すみません、UFSは多分そういうシステムです、という程度の理解で書いています。取り急ぎのお知らせなので、ご理解下さいな。:D)

情報これだけではあまりにアレなので、動画レビューへのリンクを貼っておきます。


GGTS

UFS


…とはいえあまりに人気があるアイテムのため、入手はかなり困難な状況…。自分もPenelopeは在庫の最後の残りを運良くフランスのショップで見つけ、購入しました。


えー、前置きが長くて申し訳ないのですが、1ヶ月程前にGolden Greekの2012版SS GGTSUFSのプリオーダーが開始されました。…んですが、Golden Greekをワールドワイド発送してくれるショップは当時1つだけで、そのショップがまたわかりにくく…。途中でプリオーダーを諦めていました。

で、ズルをしてまたフランスのショップからプリオーダーしようと交渉していたんですが(OKしてもらってたんですが)、そのフランスのショップがまさかの(多分)倒産…。ギリシャのショップが新たにGolden Greekの代理店として展開するようになりました。で、そのショップでは今でもSS GGTSUFSのプリオーダーを受け付けているようです。


リンク先のGG Presaleから注文することができます。


…できるんですが、幾つか注意点が…。


●UFSはGGTSがないと使えません。どうも別売りの510アダプターを購入すれば510コネクタバッテリーでも使えるようですが、まだそこまで調べられておりませぬ…。

●多分届くのはかなり先になります(多分数ヶ月単位)。まあ個人製作のMODなのでそんなものです。

●購入にはIBANナンバーを使った支払いが必要です。調べる限りかなり面倒なので、普通にやるのは相当なガッツが必要…なんですが、こちらは抜け道があります。Contact usから直接英語でコンタクトし、Paypalアドレスを教えてもらえばPaypal経由の支払いが可能になります。欲しい物をリストアップして値段を確認、住所と一緒に送料を確認して全額をPaypal経由で支払う流れです。
(もしくは一旦サイトにレジスターして、支払いの直前まで進めると住所登録も必要となるため、送料を含めた金額がわかります)

簡単に言えば、何を買うのかと住所氏名を伝えて、幾らどのアドレスに支払えばいいのか聞けばOK、ということです。

●海外のサイトですし届くのも数ヶ月先…ということで、どんなトラブルがあるかわかりません。結構高い買い物なので、最悪金をドブに捨ててもいっか!と思えなければオススメしません。何かあっても自分は責任が取れませんので…。



Golden Greek商品を入手する数少ないチャンスだと思うので取り急ぎ告知してみました。取り急ぎすぎて自分もあやふやな知識で注文しています。いいんです。MODなんてそんなもんです。:D どれだけ需要があるかわかりませんが、深い世界に飛び込む一助になればということで…。

何度も繰り返して申し訳ないのですが、あくまでチャレンジは自己責任でお願いします!
by Ohigesan
01:54 | 情報 / お知らせ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

Cobra (Genesisアトマイザー)

今日は久しぶりのGenesisアトマイザー、Cobraを試してみたいと思います。

cb01.jpg

Cobraは四角いバッテリーチューブMODのCUBEやカートマイザータンクなどを展開するタイのメーカー、Siam Modsが新たに発売したトップコイル/ボトムタンクのGenesisアトマイザー。ベースとキャップがチタン製(!)なのが特徴で、Pyrex(耐熱ガラス)のタンクと工具となるレンチがセットになっています。

Siam Modsは結構多くのショップに商品を卸しているのですが、今回のCobraはフォーラム限定の先行発売で入手しています。近いうちにショップ販売を開始するそうなので、昨今本格的なGenesisアトマイザーが入手しやすくなる流れが加速しているなあと思うところ。

他にも手軽なGenesisが出てきているので、そのうちレビューしてみようと思います。:D


cb02.jpg

キャップはOリング2つで固定する構造。エアホールは小さいのが一つなのですが、Oリングで固定するためにエアホール位置をウィック位置に合わせることが可能です。電極となるネジがえらい沢山ありますが、これはデュアルコイルセットアップに対応するためで、手前の一つはリキッドホールに、右の2つ、左の2つはそれぞれウィックホールとワイヤー固定のために使われることになります。

えー、もちろん自分はデュアルコイルなんて面倒なことはやりません。:D
Genesisセットアップは美味しい状態にするの難しいんですよ…。


cb03.jpg

ひと通りバラすとこんな状態に。構造としてはデュアルコイルセットアップに対応した以外はほぼThe DIDと同じに見えます。中央のセンターポールは上下に動かすことができるので、コネクタが深いバッテリーにも対応可能。…なんですが、代わりにセンターポールがフラフラするのでセットアップ時のワイヤー固定がちょっと面倒。
絶縁体のネジなりOリングなりでセンターポールがもう少し固定されてくれるといいんだけどなぁ…。

そうそう、タンクにプリントされているロゴはフォーラムで募集されていたようです。実物はなかなかカッコよくて良い感じです。:D


cb04.jpg

クリアタンクだけでなく、青や白のタンクチューブも販売されています。クリアタンクと全く同じかと思ったら、青のタンクは少し中央部が膨らんでいる…。悪くはないんだけど、微妙にシルエットがもやっとするような…。:D


cb05.jpg

セットアップ時には六角レンチが必要になります。専用ツールが必要な時点で若干セットアップ難易度が上がるんですが、精密ドライバーよりも所持率が低いであろう六角レンチ必須というのは若干どうかなと思うところ…。一応六角レンチは付属してくる(青い大きい方)んですが、ちょっと携帯するにはデカいような…。

2mmのレンチなら使えるので、自分は自転車用の便利レンチを使いました。携帯を考えるとシンプルでいいのでもっと小さいのつけてくれればいいのに。いや、贅沢言ってるんですけど。:D


cb06.jpg

で、まあいつもどおりにウィックを作ってホットスポットチェック。やはりセンターポールが固定されないのが響いてやや調整に手間取りました。センターポールが動いてしまって、結果ワイヤー固定の際にガッチリ固定しにくい…。そのためワイヤーにたるみが発生しやすく、ホットスポットが出やすい構造であるように思います。

まあとはいえ、このくらいの調整はいつものことっちゃいつものこと。特筆してすごく悪い!というほどではありませんが。


cb07.jpg

リキッドホールのネジを六角レンチで外し、シリンジを使ってチャージします。全ての穴にフタとなるネジがついてくるので、つけはずしによってウィックへのリキッドチャージ量を多少コントロールできそうです。2つ以上外すと横倒しにした際ダダ漏れになるので、まあリキッドホールは開けっ放しかな、程度で初回は試すことにしました。


cb08.jpg

あら思ったより爆煙…。:D



cb09.jpg
cb10.jpg

使用感としては、まず爆煙!煙質もなめらかで味も濃い目、結構満足感高いアトマイザーだと思います。サイズはかなり大きい(18650バッテリーと同じくらいの長さ)んですが、チタン製のためか重量はそこまででもなく使いやすい印象があります。で、サイズに比して容量は3mlと標準的。まあ3mlもあれば十分なので特に不満はないのですが。:D

ワイヤー固定部以外はほぼ全てOリングによる固定方式なのですが、これがかなりきっちり固定できて安定しています。煙の量・質、デザインとあわせて全体的な満足感はかなり高め…。なんか読み返すと文句が多い気がしますが、満足感が高い分細かい点が気になるだけで、トータルとしての評価は今まで入手したGenesisアトマイザーのなかでも上位に入るように思います。



お買い求めはこちらのサイトから。まだ買えないかも知れませんが、近いうちに買えるようになるとのことです。お値段は95€とMODとしては標準的なんですが、まあ高いですよね。:D


Cobraアトマイザー、今後入手難度も下がりそうですし、なかなかオススメです!:D
by Ohigesan
00:30 | MOD(APV)アトマイザー | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

Ikenvape 510 Cannon Atomizer

まだまだあります直ドリアトマイザー。今日はIkenvape 510 Cannon Atomizerを試してみたいと思います。

ikc01.jpg

以前スタンダードな510直ドリアトマイザーの際も紹介しましたが、Ikenvapeはアメリカの電子タバコメーカーで独自に色々なアトマイザーを開発しています。このIkenvape 510 Cannonは801規格のアトマイザーに510コネクターを組み合わせた製品。

801シリーズの電子タバコは持っていないので詳しくはわからないのですが、アトマイザーの径がかなり太いので内部の構造が結構違ってそう…。少なくともリキッド保持量は期待できそうです。


ikc02.jpg

通常の510アトマイザーと並べると大人と子供みたいなサイズ差があります。実測ではCannonの方が13mm径、510では9mm径と1.5倍近いサイズ差…。Cannonと言うだけのことはある感じです。:D


ikc03.jpg

内部は金属メッシュのブリッジが渡された構造。ちょっと510のブリッジアトマが手近に見つからなかったので306Ciscoと比較していますが、ブリッジのサイズが3倍くらい違うように見えます。中を見るとセラミックカップとその内部に渡されたウィックがチラ見えしています。ウィックがどうも茶色っぽく見えるんですが、素材が違うんでしょうかね。少なくとも割と野太いウィックに見えます。

ええ、相変わらず適当なレビューですみませぬ。:D


ikc04.jpg

510コネクターは一般的な形。ネジスレッドの上部とポール先端にエアホールが開いています。これもボトムフィーダー可能に見えるので、後で試してみたいと思います。

さて、それじゃあまずはeGoバッテリーでダイレクトドリップ!


ikc05.jpg

径が大きいのでDCT用のバッテリーコネクタカバーが結構ハマりますね。:D
そうそう、ドリップチップも801のものが必要とのこと。この黒いのは最初から付属しているものです。


使用感としては

・ジュルるまでの滴下量は、驚きの22滴!
・最初ちょっとイガる
・なかなかの爆煙で味も濃い
・ドローは標準的。以前の510よりは重い。
・それもあってキックもちゃんと感じる

…という感じ。とにかく何滴垂らせばジュルるのさ!というくらいのリキッド保持容量がインパクト大で、普通4滴程度ですぐにジュルる510直ドリアトマと比べるともはや別次元。これだけ流し込んで漏れてこないのは驚異的と言っていいんじゃないかなと…。最初ちょっとイガりますが、リキッドが馴染んでくるとすぐに美味しい煙を量産してくれます。

あらあら、いいんじゃないの?これ。:D

煙量、質、味は510と比べて何が違うという感じはしませんが、元が爆煙なので全く問題なし。ドローが重くなった分キックも強めに出ていて満足感のある吸い心地です。そしてリキッド保持容量の大きさから全然リキッドが切れません。


ikc06.jpg

最後にボトムフィーダーを試してみました…が、結論から先に言ってしまうとボトムフィーダーとの相性はあまり良くない気がします。保持容量が大きすぎることとブリッジの存在のおかげで、チャージされたかどうかよくわからない間にバッテリーコネクタとの間からダバダバ漏れます。:P

Kickありの吸い心地はもちろんいいんですが、別にそれならeGo-C Twistでも味わえます。ボトムフィーダーの良さであるダイレクトドリップの面倒さは、そもそも保持容量が多いのであまり気になりません。

…というわけで、素直に普通のバッテリーで吸うことにします。:D



総合的に見ればかなり良い直ドリアトマなんじゃないかなと思います。Vsion Steel Hybredと比べても更に多い保持容量で、全くもれないので取り回しはこちらの方が上に感じます。後は煙質やキックの違いはあるように思うので(Vision Steel Hybridの方が若干パンチがある)、どちらを使うか迷うところ…。十分レギュラー入りできるパフォーマンスかなと思いました。

Ikenvape Cannon Atomizer、なかなかオススメです!

そうそう、購入はCloud of vaporから。$9.99です。
by Ohigesan
03:37 | 510アトマイザー | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

LIQUA リキッド

今日はイタリアンフレーバー、LIQUAのリキッドを試してみたいと思います。

lq01.jpg

LIQUAは香港のRITCHYという会社のブランドで、こちらの会社は

「中国のメーカーはブランドが違ってもOEMばかりで中身おんなじじゃん!
           うちは独自の技術で高いクオリティの商品を提供するんだ!」

というコンセプトで運営しているとのこと。LIQUAはその中のリキッドブランドで、イタリアの食品フレーバーと高い品質のPG/VG、純粋なニコチンを使って開発しているそうです。チェリーの味が全然しないチェリーフレーバーとかダメだよね!と豪語していて、新しい商品展開と品質に定評のあるgotVapesでも取り扱っています。

まあ確かにこれのどこが◯◯味なんよ…というコメントは自分のレビューでもよくあるセリフなので、そう言われては試さざるを得ないよね!ということで試して見ることにしました。:D



今回購入したのは

・Strawberry
・Grape
・Berry Mix

の3種。実はこのLIQUA、リキッドブランドとしては結構種類が少なく、全部で10種類しかありません。まだ新しいブランドだからなのかも知れませんが、ここはひとつ納得の行くフレーバーはそうそう種類が作れない、と解釈して期待度を上げる方向で考えてみようかと…。

スープのバリエーションが沢山あるラーメン屋は大抵マズい、という法則です。:D
さてさて、結果はいかに。今回も余ったカートマイザーで試し吸いします。



・Strawberry
ほほう、美味しい!
ケミカル臭や嫌なクセはまったくなく、かなり自然なフレーバーに感じます。
甘いんですが甘すぎず、イチゴな雰囲気もちゃんとある感じ…。
所謂イチゴガムのようなわざとらしいイチゴ感ではないので、うおおイチゴー!
という感じではないんですが、ナチュラルですっきりとしたフレーバーだと思います。

これかなりいいんじゃないかしらん。
レギュラー入り検討できるなあ…。
豪語するだけのことはありまする。次いってみよう!


・Grape
うーん、これはイマイチかも。
残念ながらどこいらへんがグレープ?という感じ…。
なんとなくマスカットっぽい雰囲気を狙ったことはわかるんですが、
どちらかというとケミカルな風味に化けてしまっているように感じました。
でもなんか吸える。なんか吸えるなぁ…。:D

ケミカル臭があると自分は基本ダメなんですが、なぜかもう一度味わいたくなる
不思議なフレーバーです。でもさすがにレギュラー入りさせる気にはなりません。

残念。次!


・Berry Mix
おお、これは美味しい!
ベリー系は割とケミカル臭に化けることが多いので警戒してたんですが、
ケミカル臭や変なクセはなくナチュラルなフレーバーに感じます。
Strawberryと同じく甘いんですが甘すぎない絶妙なバランスで、
Strawberryよりやや爽やかな風味がある感じ。
ほほう、これもなかなか…。:D

これもレギュラー入りを検討できる美味しさです。
押しが強過ぎない味なので、今吸っているのがこってりし過ぎていると
感じる人は試す価値があるリキッドなんじゃないかなと…。




総じての印象としては、美味しい!が、やや押しが弱いのでここをナチュラルと捉えるか物足りないと捉えるかでベストリキッドになるか2番手になるか分かれそうな気がします。自分はCopperCreekのチェリーやHighbrowVaporのOrange de Sangreのようなハッキリとしながらも爽やか!というフレーバーが好きなので、残念ながら2番手グループかなあと思いました。

でも基本ケミカル臭はないので(Grapeもフレーバーが転じてケミカルに感じるだけだと思う)、リキッドベースの質やフレーバーの質は高いよう感じます。現在12店舗目(紹介してないのを含めると14店舗目)程度ですが、それなりの種類を経験した中では上位に入るフレーバー。全然当たりの部類です。:D

リキッドはラーメン以上に好みが分かれる嗜好品だと思うので、気になったら試してみてください。その価値は十分あるショップだと思います。



当たり!おーし次いってみよう!:D
そうそう、お求めはgotVapesで。他の商品のついでにいかがですか?:D
by Ohigesan
02:12 | リキッドレビュー | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

Vaperite リキッド

今日はオーガニック系リキッドショップ、Vaperiteのリキッドを試してみたいと思います。

va01.jpg

Vaperiteはアメリカにあるリキッドショップ。オーガニックリキッドにこだわっているだけでなく、結構電子タバコのカートマイザーなども充実した品揃えをしています。なぜかSiam Mods(確かタイのMODメーカー)と提携しているようで、Cobra Atomizer(Genesis系アトマイザーMOD)が今後販売予定!だそうな…。

ECFでもちょくちょく名前を見かけていたので、試して見ることにしました。


今回注文したのは

・Pomegranate Lemonade
・Japanese Plum
・Honey Dew


の3つ。加えてVR4 Tobacco、Mint、Boysenberryの3つをサンプルでいただきました。
…いただきました、というか、このお店は1つリキッドを頼むとサンプルを一つ指定できる面白いサービスをしていて、会社の同僚向けにタバコ味のリキッドやミントなんかをサンプルとして入手してみたわけです。


今回は直ドリではなくBoge製の綿カートマイザーで試し吸いしてみます。ちょっと誤って買いすぎてしまいまして…。:D



・Pomegranate Lemonade
「ざくろレモネード」という聞きなれない味ですが、アメリカでは結構一般的な商品である模様。
さてさて、お味はいかに!

…おお、なかなか美味しい!
甘さはかなり控えめで、レモンの風味が抜ける爽やか系のフレーバー。
ざくろってそもそもどんな味だったかちょっと思い出せないので:D
どちらかというとベリー系レモネードな雰囲気に感じます。
ケミカル臭はほとんどないように思いますが、ベリー系によくある癖を少し感じます。
このクセが好きかどうかで評価が分かれそうなリキッドです。

自分としては、まあまあアリ!という感じでした。


・Japanese Plum
むむ、これもなかなか美味しい!
Pomegrade Lemonadeからレモン風味を抜いて、爽やかな甘味が足された感じです。
…といっても甘い!というレベルでは全然なく、むしろ控えめな方。
これも若干クセがあるように感じますが、これも慣れれば好きになれる程度だと思います。

うーん、とはいえレギュラー入りするほど美味しい!というレベルじゃないかなあ…。
甘いのがあまり好きじゃない人は試してみてもよさそうです。


・Honey Dew
うーん、これはちょっとイマイチかな…。
ハチミツ味は全然感じず、むしろフルーツ系に感じます。
マズくはないんですが、今までで一番クセのある味。
どれも少しずつクセがあるんですが、クセがケミカルに感じてしまうのが問題…。
甘さはこれも控えめで、爽やか系の味に感じます。




えー、総合的には決して悪いリキッドではないと思うものの、どれもこれだ!というインパクトに欠ける印象があります。煙の質や量には特に文句ないのでベースリキッドの質は高そうなんですが、肝心のフレーバーが今ひとつピンと来ないんですよね。全体的に甘さが控えめすぎる印象なので、その点もインパクト不足に寄与してしまっている気がします。


まあ、リキッドの質は高いしこのショップで評判が高いのはタバコ系のVR4やRY4なので、タバコ系が好きな人は試してみてもよさそうかなと思います。VR4とMintはサンプルで頂いているので、会社の同僚に吸わせて感想を聞いてみようかなと。


悪くない!けどすごく良くはない…。
次行ってみよう!:D
by Ohigesan
01:41 | リキッドレビュー | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

Vapage 510 Bottom Feeding Hybrid Atomizer

まだまだあります直ドリアトマイザー。今日はボトムフィーダーのバッテリーMODを開発しているVapage社製のアトマイザー、510 Bottom Feeding Hybrid Atomizerを試してみたいと思います。

vp01.jpg

このアトマイザーはBottom Feeding Hybrid Atomizrという名前の通り、ボトムフィーダーとダイレクトドリップ両方に対応したアトマイザー。開発したVapage社はV-MODというボトムフィーダーのバッテリーMODを製作・販売していて、その会社がボトムフィーダーのために開発したアトマイザー!

…ということであれば、ボトムフィーダーMODを買ったからには試さずにはおれぬってもんです。:D


vp02.jpg

ショップの説明によれば内部の構造は306アトマイザーと同じで、外部の筒を510規格としたとのこと。306アトマイザーは美味しいのが多いんですが、アトマカバー兼となるドリップチップが必要だったり510とは筒の径が違ったり、最初は手を出していいのか迷ってしまいます。

その点これは普通の510アトマイザーとして使えるため、510ドリップチップをつければそれで終了!とお手軽な感じが好印象です。:D

構造としてはHH.357Vision Steel Hybridと同じブリッジレス。今回は2.0Ωを購入しています。


vp03.jpg
vp05.jpg

バッテリーコネクタ部分はちょっと変わった形をしています。

まずはエアホールがセンターの電極設置部分と筒の最下部外周に存在すること。大抵は筒の最下部ではなくもう少し下、ネジスレッドの一番上に左右2箇所開いていることが多いので、これは結構特殊な形に思えます。

次にアトマイザーの筒の真下に白いゴム製っぽいカバーがつけられています。うーん、多分筒最下部のエアホールからのリキッド漏れ防止を狙っているんじゃないかなと思います。

もう1点はセンターの電極と接地する部分がやや飛び出し、その周囲にシリコンっぽい素材がリング状に取り付けられていること。全部多分で申し訳ないのですが、多分センターのエアホールからのリキッド漏れ防止が狙いであるものと思われます。


せっかくなので他のと比べて見たいとおもまする。


vp04.jpg
vp06.jpg

左からHH.357Cisco 306Vapage Bottom Feeding 510IKENVAPE 510です。Vapage Bottom Feeding 510以外はどれもほぼ同じ構造で、ネジスレッドの回転数が少し違うくらい。エアホールのいちもネジスレッドと筒の間のあたりです。この特殊な構造がどうボトムフィーダーに役立つのか、ちょっと楽しみです。
ただこれはV-MOD用の機構である可能性もありますが…。


vp07.jpg

まずボトムフィードしてみたんですが、おお、全く漏れない!正確にはちょっとだけ漏れたんですが、すぐにバッテリーコネクタ内に吸い込まれて見えなくなってしまいました。バッテリーコネクタにはリキッドホールが開いているのでそのままそこに吸い込まれたものと思われます。

推測混じりにはなってしまいますが、これはアトマイザーのバッテリコネクタの構造のおかげかなと…。

写真だとわからなくて申し訳ないのですが、まずバッテリーに装着する際に普段と変わった感覚があります。ねじ込む際に他のと比べてやや回転数が少ない状態で底に行き当たってしまいます。これは、ネジのスレッドが上部にあり電極が飛び出している構造のためで、これによりアトマイザーの筒がバッテリーに接地しない状態になります。

多分これで多少漏れてもすぐに穴に戻って問題ない状態になっているのかなと思います。
思いっきり多分ですが。:D



吸ってみた印象としては、

・ドロー結構重め
・それもあってキック強め
・最初ちょっとイガる
・煙の量は多め。306Ciscoと比べて特に遜色なし。
・煙の質はまあ普通かな?すごく滑らかではないが、トゲトゲもしてない。
・チャージ直後はジュルるけど、すぐになくなる

…という感じ。
さすがにボトムフィーダーのために作られたアトマイザーだけあって、かなり使いやすいです。漏れないわけではなくあくまで穴に吸い込まれるだけなので、ボトムフィーダーでないバッテリーではこの長所は活きません。…とはいえ、その点を除いて考えても味・煙量共に申し分ない性能なので、そのまま使うのもアリっちゃアリかなと思いますが。

Vision Steel Hybridと比較した場合、味・煙は同レベル、ボトムフィーダーでの取り回しは漏れない(ティッシュで拭く必要がない)ぶんこちらの方が上。ボトムフィーダーで使うなら次からはこれを選択するんじゃないかなと思っています。

Vision Steel Hybridはボトムフィーダー対応ではありますが、最大の長所はリキッド保持量。ノーマルバッテリーであれば、今後も味と煙のCisco 306、取り回しのVision Steel Hybridで行く感じですかね。



期待どおりにボトムフィーダーにベストマッチなアトマイザーでした。ボトムフィーダーMODをお持ちであれば試して損はないかなと思います。まあ、ボトムフィーダーといってもそれぞれ微妙に形が違いますので、MODによっては合わないものもあるかも知れませんが。:D

レギュラー入り!オススメです!:D



そうそう、購入はClouds of Vaporから。$8.99です。
by Ohigesan
02:21 | 510アトマイザー | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

M06 Series Atomizer

直ドリ見直しキャンペーン実施中!…というわけでもないんですが、今日も直ドリ系のアトマイザー、M06 Series Atomizerのレビューをしてみたいと思います。

M601.jpg

M06 Sries Aomizerはリデザインされた306アトマイザー。メッシュによって精密にコイルがカバーされることで優れたエアフローを実現、濃いフレーバーと強いキックを提供してくれる・・・らしいです。現状MadVapesでしか販売されていないようなので、MadVapesかそこと提携しているメーカーが製作しているんじゃないかなと思います。

このブログは思います、とからしいです、という言葉が踊りまくる適当な説明が特徴です。:D


306アトマイザーはまあ306Cisco一択!みたいな雰囲気があるんですが(なにせGuidtoVaping2011年間ベストアトマイザーですし)、ともあれ実際に色々試してみないと好みかどうかはわかりません。あまり名前を聞かないVisin Steel Hybridの評価が自分としては超高い状態ですし。

ちょうどボトムフィーダーMODも手に入れたことだし、色々試してみておる最中…というわけです。


で、見た感じの印象ですが、306らしく上に金属メッシュのブリッジが渡され、そこからファイバーウィックが見えています。ファイバーウィックは見えていないものの方が多いように思うので、ウィックの量が多いのかコイル上部を覆う形なのか、普通のものとは違う雰囲気を感じます。抵抗は2.5Ω。所謂SR(Standard Resistance)になります。


M602.jpg

センターには大きめのエアホールが開いていて、サイドに2つ小さいエアホールが開いています。構造としては結構スタンダードに見えますが、センターのホールが大きいのでこれもボトムフィードはできそう…。サイドのエアホールからあまり漏れないでくれるといいんですけど。


M603.jpg

306DCAに装着しようかとも思ったんですが、あちらは306Cisco先生が占領されていらっしゃるので今回はドリップシールド着用で使ってみます。510エクステンションを忘れずに…。


M604.jpg

ひとまずmini eGoの一般的な環境で吸ってみます。2.5Ωなのでノーマルバッテリーではちょっとパワー不足かも知れませんが…。



・・・


結論!パワー全然たりない!ProVari先生~~!!:D


M605.jpg

気を取り直してもう一度やり直し。4.2~4.5Vくらいで吸ってみると、ちゃんと煙が出てくれるようになりました。吸ってみた印象としては、

・4~5滴ほどでジュルジュル言って、煙量が激減する
・落ち着くと結構滑らかで美味しい煙が出る
・ドロー重めでキックもまあまあ
・落ち着いた状態で5回位吸うと、焼けた風味が混ざる
・2滴ほど追加すると最初に戻る
・下からは全然漏れない!

…という感じ…。うーん、下から漏れてこない以外いまいちなような気が…。

まず、リキッド保持量は4滴程度なので普通です。ただ、ジュルジュルが治るのにちょっとかかり、おお良い煙が出てきた!と思ったらすぐにドライ風味が混ざります。美味しい瞬間は306Ciscoにもひけを取らない美味しさだと思うんですが、結構あっというまにその瞬間が終わってしまう…。

直ドリアトマは下から漏れるのが悩みだったりするのでそれが全然起きないのは素晴らしいポイントなんですが、いかんせん肝心の味がすぐマズくなってしまうのではちょっと常用には耐えないように思います。ジュルジュルになった際は3.7V程度だとほとんど煙が出ず、4.5Vくらいに上げてなんとかジュルジュルがなくなるところまで持っていく感じ。で、ジュルジュルがなくなったら4Vくらいに下げて…とか色々やってみたんですが、結論としてはどう頑張っても割とすぐドライ風味が出てしまいました。


ボトムフィーダーでも試してみようかなと思っていたんですが、違うリキッドを使ってしまっていたので洗浄してまで持っていく価値はないと判断、レビューを終えることにしました。



うーん、これ使うなら306Ciscoで十分かな、と…。
今のところ、味の306Cisco、取り回しのVision Steel Hybridの2大巨頭の牙城は崩せませぬ。

残念!次いってみよう!:D



そうそう、とはいえこれは個体差やフルーツ系のリキッドと合わなかった可能性もあります。濃い甘い系だとむしろ軽く焼けた風味が美味しかったりするので、興味があったら試してみて下さいな~。


お買い求めはMadVapesで!
by Ohigesan
01:57 | 306アトマイザー | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

IKENVAPE 510 LR Atomizer

今日は直ドリアトマイザー、IKENVAPE 510 LR Atomizerを試してみたいと思います。

ik01.jpg

IKENVAPEはアメリカ東海岸にある電子タバコメーカーで、よりよいvapingを求めて意欲的に商品を開発していることで有名。割と直ドリアトマのメーカーとして知られている印象がありますが、カートマイザーやアクセサリ類等幅広く商品を展開しています。

今日はそのメーカーの中で最もスタンダードな商品(だとおもう)である、510の直ドリアトマイザーを試してみまする。まずはスタンダード商品を試さないと他の良さもわからないよね、ということで…。:D


ik03.jpg

510コネクターなのはまあ当たり前として、結構大きめのエアホールが開いています。ハイブリッド(ダイレクトドリップとボトムフィード両対応)の表記は特になかったんですが、恐らくこの構造であればボトムフィーダーMODにも対応しているんじゃないかなと…。あとで試してみたいと思います。


ik02.jpg

内部を見た印象としては、かなり大きめの金属メッシュブリッジが渡されているのが特徴的に感じました。リキッドの保持量が結構多そうな反面、金属臭がどうなるのか気になります。


ik04.jpg

所謂一般的な510アトマイザーと同サイズのため、mini eGoとの相性がかなり良い感じ。まずはこの一般的な環境で試し吸いしてみます。


・・・


上から滴下するとガンガン金属メッシュに吸い込まれます。おー結構行けそうだなあと5滴、6滴と落としたところ、横からダバダバと漏れてきました…。とはいえ4滴程度の保持量であればまあ標準的なところで、やはりVision 510 Steel Hybrid Atomizerのリキッド保持量がオカシイだけかなと。

吸ってみるとかなりの爆煙!306 Ciscoと比較しても遜色ない煙量で、滑らかさの面で306 Ciscoがかろうじて上かなあという印象。ただ、こちらはリキッドチャージ時にあまりジュルジュル言わないし煙量も落ちないため、使いやすさとしてはこちらの方が上に感じました。

大雑把な印象としては、

・爆煙!
・味は標準的。すげー濃い!程ではないけど、直ドリとして十分美味しい。
・ドロー軽め
・なのでキックもちょっと軽め
・あまりジュルらないので使いやすい
・1.5ΩなのでノーマルeGoバッテリーでも十分楽しめる

…という感じ。ドロー、キックが弱めなのがちょっと気になり、長めに吸ってキックを確保するととんでもない煙が出てきて爽快です。:D ただ、爆煙のためすぐにリキッド切れを起こすので、こまめにチャージする必要があります。そして、多めにチャージすると漏れるという…。

総じて見れば味の面では306 Ciscoに少し劣り、取り回しの良さではVision Hybridに少し劣る印象…。決して悪いアトマイザーではないと思いますが、他のアトマイザーと比べると短所がよくない方向で咬み合ってしまっているように思います。うーん、これだと取り回しが楽で味も結構出るVision Hybridを使っちゃうかなあ…。


ik05.jpg

…というわけで、ボトムフィーダーで試してみます。
ボトムフィードしてみると、まず1点問題が…。上から見ていてもブリッジが邪魔してチャージされているかどうかがわからない!:D 最初はちょっとチャージし過ぎてしまいました。チャージしすぎると今度は過剰なリキッドがサイドから漏れるので、ティッシュで拭き取る必要が出てきます。まあ、これは慣れれば解決する問題だと思いますが。

チャージ自体は問題なくできて、吸ってみるとキックが少し強くなる印象がありました。ボトムフィードするとダイレクトドリップより内部のウィックにチャージされやすいのかも知れません。おお、美味い!

でも結局チャージ頻度が高めなのは変わらないので、チャージ時にちょっとだけ漏れるボトムフィーダーの欠点とこれまた咬み合ってしまう…。うーん、これでリキッド保持量が多ければ十分使えるアトマイザーなのに!



えー、惜しい!という感じの評価で落ち着いてしまいました。:D

まあ、これはあくまでスタンダートなアトマイザー。これのサイズアップ版のキャノンアトマイザーや新規格のiO6アトマイザーなどもあるので、性能面はそちらに期待してみたいと思います。入手はすでにしてあるので、また近いうちにレビューしまっす!

購入先はClouds of Vaporから。色々なIKENVAPE製品が売られています。
by Ohigesan
04:32 | 510アトマイザー | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

The Bacchus - God of Juice

今日はボトムフィーダーのバッテリーMOD、The Bacchus - God of Juice をご紹介してみようと思います。

gj01.jpg

God of Juiceはポルトガル人のModder、Kazlinho氏によるボトムフィーダーBOX MODで、エアクラフトアルミニウムのボディにカーボンのプレートをはめたスタイリッシュなバッテリーMODです。BOX MODはとてつもなく野暮ったい形のが多いんですが、これは大きめのサイズながらスマートなシルエット。

大雑把なな特徴ですが、

・510コネクター
・18650バッテリー or 18490バッテリー+Kickに対応
・6mlボトルによるボトムフィーダー
・エアクラフトアルミニウムボディ+カーボンプレート

…という感じ。BOX MODは木製だったりプラスチック製だったりすることが多いんですが、これはエアクラフトアルミニウム製のボディを採用することで通電性を確保、デフォルトでKickに対応しているのがかなり好印象。エアクラフトアルミニウムにも様々な種類があるらしいのでどの合金かちょっとわからないのですが、ともかく持った印象はステンレススティールと同等の重みと質感。よくあるアルミ製アトマイザーのような安っぽい感じはありません。

まあ、その分大型だったりカーボンの加工が少し雑だったり粗もあるんですけど、それを補う魅力のあるバッテリーMODだと思います。UK Vapersで見かけてから買おうかどうか相当迷ったんですが、Kick対応が最後の後押しになって購入してみることにしました。


gj02.jpg

510コネクター+メカニカルスイッチ。この510コネクターの部分がちょっと小さめなので、ボトムフィーダー対応のMODアトマイザーがはまらなかったりするのが若干マイナス。最悪ちょっと削って対応とかを考える必要があります。

…とはいえ、普通ボトムフィーダーでは直ドリアトマイザーを使用するため、あまり深く考えなくても大丈夫っちゃ大丈夫なんですけどね。:D


gj03.jpg

カーボン製のプレートはスライドして外れる構造。このプレートにはボトルをプッシュするための穴が開いているんですが、この周りが若干ガビガビしています…。カーボンの加工は難しいと思うので、これは今後改善していって欲しいところ。全体的な質感は高いので、ちょっと残念…。


gj05.jpg

フタを開けると内部はとてもシンプルな構造。18650バッテリーをスプリングを押し込みながら装着すればそれで終了です。


gj06.jpg

Kickを装着する場合はこんな形で入れます。このスプリングがかなり固いのでちょっと苦労しますが、そのかわりガッチリはまって全然ズレる気配はありません。ポジティブ電極との接触部分は点に近いくらい小さいんですが、かなり安定して固定することができます。Kickのコイル部分を外壁に接触させるのをお忘れなく…。:D


gj07.jpg
gj08.jpg

ボトルはキャップを外して取り出し、リキッドを充填してキャップにはめ直します。ノズルごとキャップも取り外しても大丈夫ですが、ノズルはその柔らかさで本体とのコネクタにはまっているだけの状態。ノズルのコネクター接触部分がガバガバになると漏れたり色々面倒そうなので、洗浄の時以外は外さないようにした方がよさそうです。


gj09.jpg
gj10.jpg

上の写真のような形でボトルをプッシュすると、ノズルからリキッドがアトマイザー内部へと上がっていきます。下の写真はちょっとわかりにくいですが、アトマイザー内部までリキッドが上昇している状態です。この際ほんのりコネクタ部分から漏れますが、これはコネクタ形状がアトマイザーによって違うので致し方ないところ…。

漏れると言っても微量なのであまり気にしなくてもOK。何度かチャージして気になったらティッシュでちょこっと拭くレベルで大丈夫かなと思います。それよりも、いちいちドリップチップを外してリキッドを滴下する手間から開放されるメリットの方がはるかに大きい印象…。:D


gj11.jpg

サイズは18650バッテリー対応だけあって結構大きいです。全体的にスリムなので握りこんで使う分には手に余る感じはありませんが、小型ギミックスキーのOhigesanとしては18490サイズにしてもらえるとより嬉しいんだけどなぁ、という感じ…。ボトルもノズルを切り詰めれば入ると思うし。

まあ、このへんはそのうちMiniを作ってくれないか期待することにします。:D




gj12.jpg

そして今回最大のネタ。
「今日も元気だ電子タバコが美味い」を刻印してもらいました。
ええ、英語は適当です(Google先生のをちょこっと改造)。:D

最近はこういったEngravingサービスを提供してくれるショップもちらほら見るようになってきて、一品モノのMODにより思い入れを作ることができるようになりました。このショップではフォントを選択して文字を購入時のコメント欄で送ると、メールで確認メッセージが来たあとで刻印して送ってくれます。

ネタのつもりでやったんですが、結構お気に入り感が増してくれたので大満足。
そのうちこれをトップ画像にしようかしらん…。:D




使用感を含めた全体的な印象ですが、やはりボトムフィーダー+直ドリ+Kickのコンビネーションは素晴らしいものがあります。サイズが大きくポケットフレンドリーとはとても言えませんが、直ドリの味を面倒なく楽しめるのは相当なメリット。ボトムフィーダーファンがいるのも納得だなあと思います。

Vinci by Yasu75の方がスタイリッシュさは勝るのですが、あちらはボトルサイズが2mlというのが地味に痛いポイント。また、Kickの挙動がGod of Juiceの方がかなり安定するので、その点でもこちらの方が満足感のあるVapingを楽しむことができています。


BOX MODの見た目にドン引きせずに、チャレンジしてみるのもアリですよ!ということで…。:D


購入はBargain Vapourから。こちらのショップから買うとEngravingサービスを頼むことができます。
by Ohigesan
02:01 | MOD(APV)バッテリー | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

The Gripper

今日は小型のバッテリーMOD、The Gripperを紹介してみたいと思います。

tg01.jpg

しばらく前に試してみたVVバッテリーMOD、VV Gripperの前身、The Gripperはかなりニッチな所を狙ったバッテリーMODです。なにせノーマルの状態ではXLサイズ(デュアルコイルサイズ)のカートマイザーしか使えない時点で相当な変わり者…。

デュアルコイルカートマイザーは綿式カートマイザー人気をブーストした人気商品なんですが、なにせ長っ細くてeGoバッテリーとかにつけるとヒョロヒョロに見えるのが玉に瑕。このthe Gripperはそんな細長いデュアルコイルカートマイザーをカッコ良く吸いたい!ただそのためだけに生み出されたバッテリーMODなのです。たぶん。:D

普通デュアルコイルカートマイザーはタンクに仕込んで使うスタイルが一般的なんじゃないかと思うので、シンプルにカートマイザーとして使う機会そのものがあまりないような気がします…。でもこの握りこんで吸うスタイル、すごくコンパクトにまとまっていて良い感じ!で、小型ギミックスキーのOhigesanにはなぜか響いてしまったという…。 

いいんです、1500円くらいでお安いし!:D


tg07.jpg


形状もちょっと変わっていて、18350バッテリーが入る筒の横にカートマイザーを収めるサヤがくっついた形。このサヤは下の方まで筒になっていて、最下部に510口金のコネクタが仕込まれています。この深いサヤがデュアルコイルカートマイザーの長さを隠し、握りこむようにしてコンパクトに吸うスタイルを可能にしてくれるわけです。:D



tg02.jpg

バッテリーの構造は超シンプル。プラスチックの(安っぽい)ボディに18350バッテリーを入れるだけ。VVもへったくれもない、ホントにそれだけです。


tg03.jpg

まあとはいえ、いくらなんでもXLカートマイザーしか使えないんじゃあ汎用性がない!ということで、The Gripperには別売りの510バッテリーエクステンションが販売されています。エクステンションとはバッテリーの長さを延ばすだけの延長アダプターなんですが、こんな長いエクステンション普通使いません。というか、これ以外で必要になることあるんでしょうかね??:D

ちなみに写真左がデュアルコイルカートマイザー、中央がShorty Cartomizerと510エクステンション(Grepper用)、右がシングルコイルカートマイザーと510エクステンション(ショートタイプ)です。

さて、それじゃthe Gripperに装着してみまする。:D


tg04.jpg

デュアルコイルカートマイザーを装着した状態。カートマイザーはほとんどがサヤの中に隠れ、すごくコンパクトになります。そうそう、DCTの換えアトマイザーは最下部に液漏れ防止の出っ張りがあるため、これに使おうとすると引っかかって入りません。


tg05.jpg

ロングタイプのエクステンション+Shorty Cartomizer。ちょっと出っ張るんですよね…。一応これであればStardustとかを装着することもできます。カッコ悪いのでする意味がわかりませんが。:D


tg06.jpg

ショートタイプのエクステンション+シングルコイルカートマイザー。出っ張り具合は比較的マシで、なんとか許せるレベルに…。ただ、サヤの内側にカートマイザーとエクステンションの接合部が入ってしまうため、きつく差し込みすぎると外す際にエクステンションだけ中に残って大変なことになります。

うーん、まあ、素直にデュアルコイルカートマイザーで吸っとけってことなように思いまする。:D



tg08.jpg

で、握ってみるとこんな感じに…。あたかも拳にキスするような感じで吸うことになるのですが、このコンパクト感をデュアルコイルカートマイザーで実現するなんてッ!と、小型ギミックスキーは思うわけです。

ええ、アホですみません。:D


使ってみた感じは本当に普通の3.7Vバッテリーです。18350バッテリー使用なのでKickも仕込めませんが、1.5ΩのLRカトマであればまあ十分な味を楽しむことができます。まあ、さすがに商品としてはニッチすぎて人様にオススメできるようなアイテムではないと思うのですが、それでもこのコンパクトさと安さには変な魅力があるらしく、海外だといじって遊んでいる人がちょいちょいいたりします。


たまにはこんな変わり種も!ということで、興味があればお一ついかがでしょうか。

お買い求めはMadVapesで!(メンテ中だったので、トップページへのリンクです)
by Ohigesan
01:46 | MOD(APV)バッテリー | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

Desktop eGo Holder & Stardust™ Replacement Tips

今日は地味に使える小物を幾つか見つけたので、それのご紹介なんぞしてみようかなと思います。

dt01.jpg

左のはeGoバッテリーを立てておけるeGoスタンド。右はStardustに使える交換用ドリップチップです。

普段家でeGoバッテリーを使っている方であればあるあるだと思うのですが、eGoバッテリーは一定以上の蓄電量になると(ついでにTwistになると更に)地味に長くなって立てた場合の安定感が激減します。しょうがないので寝かせて置いておくにしてもちょっと邪魔、できれば立てて省スペースしたいと思ったことはありませんか?

そんな時にこのDesktop eGo Holderがお役立ち!単に差し込むだけなので一口吸って置いて…の繰り返しにもあまりストレスにならず、そうそう倒れない安定感を提供してくれます。ネタのつもりで買ったのですが、もはや我が家のデスクトップレギュラーに…。

dt03.jpg

これでeGo-C Twist 1000mahであっても安心して立てておくことができます。むしろなんでなかったんだこんなものが!という感じ。:D そうそう、ついでに普段使いしないeGoバッテリーはこちらのeGo ホルダーに挿して置いてあります。

dt0.jpg

Desktop eGo Holderタケミカヅチ真打のようなeGoより太いバッテリーは挿せないのですが、これなら大丈夫。そもそもタケミカヅチ真打はパススルーで使うので、立てておく必要はあまりないのでいいんですけど。:D ちなみにこいつは本来ベルトに挟んで持ち歩きに使う用に開発されたようです。


dt04.jpg

で、次はStardustの換えドリップチップ。質感重視のステンレスと機能重視のクリアーを購入しましたが、オススメはクリアーの方。いかにジュルらないStardustといえど長く吸っていれば液化したリキッドが溜まってジュルるんですが、元々のドリップチップは黒なのでそれを視認するのは困難でした。

こちらの透明ドリップチップを使えば内部が見えるので、リキッドが溢れてきたらジュルる前にティッシュでお掃除することができます。Stardustを使っていなければ特に必要ないアイテムではありますが、使っていれば地味~に痒い所に手が届くお役立ちっぷりを見せてくれます。



ちなみに購入はこちらから。

Desktop eGo Holder:gotVapes
Stardust™ Replacement Tips:gotVapes
eGoホルダー:Blue Cig Japan
特にeGoホルダーはセール価格で333円!購入はお早めに!




---
こぼれ話…というか、チラ裏話。

最近smokTech ZMaxというMODバッテリーに手を出すか迷い中です。これ、VW(可変電力)とVV(可変電圧)両対応で面白そう…。なんですけど、これ、VV機構がpulse width modulation(PWM / パルス間隔調整)方式らしいんですよね…。PWMというのは高いピーク電圧の状態で短時間にオンオフを繰り返し、このオンオフ間隔によって時間平均の電圧を調整しよう、という考え方…らしいです。

ProVariやタケミカヅチ真打の場合linear regulatorsという方式で、こちらはピーク電圧そのものをコントロールしてその電圧に調整する方式。違いはPWMはピーク電圧は高いままでコイルを熱するため(実際は超熱いと冷めるを繰り返す)、通常の電圧でもコイルが熱されすぎて味が辛くなるのに対し、Linear Regulatorsはそうならないこと。
ECFでも普段と同じ電圧にするとむやみに熱い煙が出るから注意な!と書かれています。


しかしなー、VWとVVを共存させたMODって他にないんじゃないかしらん…。
でもなー、結局辛くなっちゃうから3Vくらいでしか使わないだろうし、長さもむやみに長いんだよなぁ…。

うーん、ということで数日迷っているわけです。ええと、どなたか人柱してみる方いらっしゃいませんか?

Ecig Wizard
とかで買えますよ!:D
by Ohigesan
23:22 | 小物・アクセサリ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

Patriot Mega Repairable Atomizer

今日は久しぶりのウィック式アトマイザー、Patoriot Mega Repairable Atomizerを試してみたいと思います。

※9/12ちょっとだけ最後に追記しました!

pm01.jpg

Patoriot Megaアトマイザーはどうやらロシア製のリビルダブルアトマイザーらしく、DigitalSmoke.ruで開発された模様。これは510コネクターのスタンダードなモデルなのですが、同じ機構でGolden Greek UFSに対応したモデルもあるらしく、これからの発展性を期待したくなるアイテム。

この510コネクターモデルであるPaoriot Megaの特徴としては、

・510コネクター対応
・直ドリと綿式カートリッジ両対応
・eGo typeBカートリッジ使用
・ファイバーウィック式
・お値段安め(3000円台)

…といったところ。ファイバーウィック式なのでリビルドも簡単でしょうし、値段の安さもあってリビルド初心者の方にもオススメできるんじゃないかなと思います。いや、言うほど自分も玄人ではないのですが…。:D


pm02.jpg

アトマカバーを外したベースはこんな感じ。電極のポールにはプラスネジが刺さっていて、ポールのサイドに開いた穴にワイヤーを差し込み、ネジを締めることで固定するスタイルです。これはiDripperとかなり似ている…というか、むしろiDripperが綿カートリッジ使用可能になりました!という印象の方が近いかも。

ウィック式のファイバーはアトマカバー内で上に伸びていて、カートリッジ内でリキッドを含んだ綿と接触、コイルにリキッドを供給する仕組みです。これはSteam MachineGP Spheroidと同じ方式で、リキッドが液体で存在する瞬間がないため漏れにくいのが長所です。アトマカバーとの接触部分にOリングがないので若干漏れが心配ですが、多分大丈夫なんじゃないかなと…。:D


よく見るとアトマカバーにはエアホールがなく、アトマイザーベースのウィックの真下にエアホールが開いています。つまり必ずウィックの真下から空気が供給されるわけで、エアフロー構造としては良い形であるように思います。更にベースのエアホールが少し盛り上がっているため、バッテリーコネクタからの漏れも心配なさそう。


むむ、地味に良く考えられてるっぽい…。:D


pm03.jpg
pm04.jpg

カートリッジはeGo typeBという通常のeGoカートリッジより一回り大きいメガカートリッジを使っています。これはBulli-A2-TMでも使われているのですが、Bulli-A2-TMはシリコンキャップに竹槍が刺さるタンク方式。対してこちらはシリコンキャップを外して内部に綿を詰め、そこにリキッドを含ませる綿式。

シリコンキャップを外した状態でも、リキッドが綿に染み込んでいるため下に流れることはありません。で、そこにファイバーウィックが接触してリキッドをコイルに供給するわけです。


pm05.jpg

typeBのメガカートリッジなので結構な量のリキッドが入ります。まあ、染みこませる際にピンセットでグシュグシュしたりして馴染ませるのが若干面倒ではあるんですけど。:D

あ、そうそう、このtypeBメガカートリッジは別売りなので買っておかないと使えませぬ。若干マイナス。

pm06.jpg

ちょっと面白いポイントとして、このアトマイザーには最初からeGoバッテリーのネジスレッドを隠すカバーが付属してきます。これにはエアホールが開いていて、eGoコネクターのネジスレッドを使って結構がっちり固定されます。このエアホールを塞ぐことで簡易エアフローコントロールが可能…!

Steam Machineではアトマカバーのサイドにエアホールがある反面ジワ漏れするんですが、これはジワ漏れを防ぎつつ別の形で簡易的なエアフローコントロールを実現しています。見た目と機能を両立させた気の利いたアイテムなわけで、この考え方には軽く感動させられました…。:D


pm07.jpg

吸ってみた感じですが、

・爆煙!
・ドロー重め
・なのでキックはなかなか
・味はSteam Machineと遜色なし
・今のところ漏れない

…という感じ。あれれ、これは結構良い物なのでは…?煙が思った以上に爆煙なので、味もキックも満足いくレベルで、少なくとも安めのリビルダブルアトマイザーとは思えない完成度を感じる出来。特に突っ込みどころは見当たりません。

Bulli-A2のようにタンクからコイルへの供給バランスで悩むこともなく、iChallengerのように接触による短絡で悩むこともなく、Steam Machineのようにジワ漏れで悩むこともなく…。うーん、これは素直に初心者の方にオススメしても大丈夫そうです。:D



購入はEcig Wizardから。

そうそう、まあ問題として換えの綿を売っている場所を知らないことっていうのがあるんですが、こちらのサイトで綿入りのtypeBカートリッジが売られているので一応大丈夫そう…(自分はSteam Machineに付属してきた綿を使ってしまったので、こちらから購入はしていません)。

本体にはカートリッジも綿もついてこないので、typeBカートリッジの購入はくれぐれもお忘れなく!


Patoriot Mega Repairable Atomizer、なかなかオススメです!:D



---
9/12追記

1日使ってみましたが、これちょっと漏れますね…。

リキッドを充填した直後など、懸念していたアトマカバーとベースの間から漏れます。適当なサイズのOリングで漏れを防止する必要があります。OリングはNexmokeさんあたりのを使えば大丈夫かなと。ちょっと小さいので頑張ってはめる必要がありますが。

それ以外は今のところ大きな問題は出ていません。まあ、こういうちょっとしたお手入れもMOD系アイテムの楽しさということで、ヒトツ!:D

pm08.jpg
by Ohigesan
02:13 | MOD(APV)アトマイザー | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

The NEW GotVapes PHOENiX™ 1.25ml Bottom Coil eGo Tank

MODを紹介したら一般製品!ということで、今日はgotVapesよりThe NEW GotVapes PHOENiX™ 1.25ml Bottom Coil eGo Tankを紹介してみたいと思います。

eb01.jpg

えーと、名前があまりに長ったらしいので、eGo BCT(Bottom Coil Tank)と呼ぶことにします。:D
eGo BCTはペン型の見た目でカムフラージュされたクリアーロマイザーで、1.25mlのタンクとボトムコイル方式を採用しています。ペン型の見た目というとeGo F1カートマイザーというものが先行して発売されていて見た目はそれとそっくりなのですが、eGo F1はトップコイルなのに対してこちらはボトムコイル。

コイル位置の違いだけでなく510ドリップチップが使えるようになるなど細かい点で改良が施されているようで、ペン型カムフラージュというイロモノ感を吹き飛ばすスタンダードで使いやすいクリアーロマイザーに仕上がっています。


eb02.jpg
eb03.jpg

ペン型のトップキャップを外すと中からドリップチップがこんにちは、そこから更にアトマカバーを外すと内部のクリアーロマイザー部分がお目見えします。写真だとちょっとわかりにくいのですが下部に短いウィックが見えていて、所謂CE系の構造。実際CEを開発したメーカーとやり取りしながら開発したそうで、CE系の後継機種と言っていいんじゃないかなと思います。

CE系はシンプルな構造で細身ながらそこそこのタンク容量でしたが、こちらはeGo規格になって太くなった分タンクサイズが大きくなるのかな…と思いきや、1.25mlとタンクサイズは小型。理由はボトムコイル部分の更に下に謎の機構が入ったエリアがあること。ここに何が入っているのかわからないのですが、リキッドを入れた後は全く漏れないので、何らかCE系から進化する際に入ったパーツなんじゃないかなと…。


eb04.jpg
eb05.jpg

ドリップチップを外すと見慣れたCE系のシリコンパーツが見えます。小さな穴が開いていて、ここにシリンジを挿してリキッドをチャージするのも、チャージ時に逆さまにするのもCE系と同じです。


eb06.jpg

eGo F1と大きく違うのは510ドリップチップが使えること。また、F1はアトマカバー部分に専用マウスピースをはめる構造なのに対し、こちらはチューブに金属製のパーツがはまっていて、そこにドリップチップを装着するスタイル。F1はアトマカバーがないと使えませんが、こちらはアトマカバーを外していてもそのまま使うことができます。


eb07.jpg

ペンスタイルキャップを装着すると、な、長い…。
eGo-C Twist 650mahでこの長さなので、1100mahとか長すぎてむしろペンとして違和感がすごいことに…。ドリップチップ小型化してペンキャップを小さくするとか、もう少しどうにかならんかったもんですかね。:D

アトマカバーとペンスタイルキャップはマットな仕上がりになっていて、eGo-C Twistのマットブラックとベストマッチ。手触りもよく高級感があります。


eb08.jpg

使用感としては…

・漏れない、ジュルらない、イガらない
・CE系のライトな味
・かなりの爆煙
・煙温度低め
・ドローかなり軽め
・でもキックはばっちり
・シリンジ使うのが面倒

…という感じ。

えー、正直小一時間使った感じでは絶賛です。

CE系がお好きな人ならためらいなく使って大丈夫なクオリティ。漏れない、ジュルらない、イガらないの3点セットに加え、驚愕の爆煙!2.6-2.8Ωと結構な高抵抗にもかかわらず、そこらのMODなぞ蹴散らすレベルの煙が出ます。そのおかげでドローが軽くてもキックは十分確保できますし、エアホールがカトマイザーのサイドに見えている構造のため塞げばドローは調整可能。

ともかく漏れない、そしてCE系でよくあったマウスピースの間に液化したリキッドがたまってジュルる症状が起きない。この2点だけでCE系最大の不満点が解決されています。

味は若干ライトな感じなんですが、煙温度も相まってメンソールのスッとする感じがかなり出ます。欠点は1.25mlとタンク容量に不満があることと、チャージにシリンジが必要なことくらい。後者はCE系を使っている人なら問題にならないでしょうし、前者はペンスタイルキャップを諦めれば3mlタンク版があるようです。


長期間使っていないので長期評価はできていないのですが、昨今使ったタンク式カートマイザーとしては最高レベルの評価。正直ここまで良い出来と思っていなかったので、かなり驚かされました。うーん、現状ではStardustから乗り換えを検討できるレベルです。



eb09.jpg

ここからは自分では試せていないのですが、どうやらこれはメンテナンス性に気を使っているらしく、結構楽に洗浄が可能であるとのこと。ペンスタイルキャップをかぶせてグリグリ抜くとドリップチップをはめる金属パーツが簡単に外れ、シリコンキャップはシリンジを挿して引っこ抜くとこれも簡単に取れる模様。

そこまで外したら中に水を入れて、口から息を吹き込むことで洗浄が用意!だそうです。



購入はgotVapesからで、お値段はちょっと高めの$9.45。ただ値段は洗浄して使いまわせることを考えれば問題ない範囲かなと思います。ペンスタイルキャップ無しで安く売ってくれればなおいいのに…。:D

3mlタンクもあるため、そのうちこちらも試してみようかなと思っています。


どうでしょう、eGo BCT。久しぶりにかなりオススメのカートマイザーです!
by Ohigesan
03:55 | eGoアトマイザー | comments (5) | trackbacks (0) | edit | page top↑

the bliss (Genesisアトマイザー)

今日は久しぶりのGenesisアトマイザー、the blissを試してみたいと思います。

bs01.jpg

the blissはdocdave氏によるGenesisアトマイザー。トップコイル&ボトムタンク型を採用していて、今までだとthe DIDCobraと似た系統の構造をしています。…と思ったらどっちも紹介してなかったですね、今度紹介しまする。:D

最近のフルサイズGenesisアトマイザーの流行りにのっとり、デュアルコイルセットアップが可能なことが特徴なのですが、加えてスリットウィンドウが開いたタンクカバーのスタイリッシュさが魅力の一つ。全体的に骨太でどっしりとした重みがあり、全体の作りの良さから高級感が伺えるMODアトマイザーです。


bs02.jpg

アトマイザーカバーを開けるとアトマイザーベースが見えます。ワイヤーはプラスネジで固定するタイプで、精密ドライバー一本でセットアップが可能。センターポールには大きめのワッシャーが2枚ついていて、この間にワイヤーを挟んでからネジを回して固定するスタイルです。

ネジ固定式の場合、ネジを回した際にワイヤーが引きずられてウィックが引っ張られてしまうことがよくあるんですが、ワッシャーで挟むことでこの症状はかなり軽減されます。セットアップが楽になるので自分としては嬉しいポイント…。ただ、このワッシャーが結構大きいので、ウィックとの接触が気になるところ。ウィックの絶縁が不完全だとすぐに短絡しそうでちょっと怖い気もします。


bs03.jpg

ネジ式のタンクカバーを外すと中からタンクがこんにちは。このタンクカバーはかなり薄く、ネジの周り具合もすごくスムーズ。技術の高さを感じます。ていうかこういう一手間にグッとくるのはなんでなんでしょうかね、自分だけかも知れませんが。:D


bs04.jpg

ひと通り分解するとこんな感じ。センターポールやバッテリーコネクターはどうやら分解できない模様です。おかげで分解組立はシンプルになっているので、こういった点でも好感が持てる感じ…。


bs05.jpg


そろそろGenesisのセットアップ手順は省略していいかなと思うので省いてしまいますが、いつもどおりステンレスメッシュを焼いて丸めてPGつけて燃やしてコイルを巻いて上の写真の状態にしています。ちょっと思うのが、4-5巻きで2Ω前後を狙った場合、コイルのワイヤー間隔がかなり開いてしまいます。

理由はセンターポールと下のネジとの距離が長いためで、均一に巻くのがなかなか難しい…。上の写真では結構ガッチャガチャになってしまっています。ええ、下手ですみませぬ。:D

あ、自分はただでさえ難しいGenesisセットアップを2本分やるなんてとんでもない!と思ってしまうので、いつもどおりのシングルコイルセットアップです。デュアルコイルはもう少し腕が上がってからということで…。:D


bs06.jpg

最初はいつもどおりProVariに装着していたのですが、どうも通電しません。あれれ、ショートさせたかな?と思って作りなおしてもやっぱり通電せず…。

これは?と思って違うバッテリーを色々試したところ、VV GripperGP PAPSでは通電することが発覚。どうやらアトマイザーのコネクターが短めなようで、かつコネクターのポジティブ電極があまり出っ張っていない構造のためバッテリーによっては接地しない状態になってしまうようです。

VV Gripperはバッテリー側のポジティブ電極が割と出っ張っていて、GP PAPSはネジを回して深さを調整できるので接地させられるために通電できました。ProVariってコネクタの深さ調節できないんでしたっけ…?ProVariで届かなくて通電しないの初体験なので原因にたどり着くのに時間がかかっちゃいました…。:D


bs07.jpg

適当にホットスポットを調整し、リキッドを注入。

そうそう、最近はホットスポット調整はリキッド無しでやることが増えています。リキッドを入れてからだとウィックのリキッドが蒸発しきってからコイルが赤熱するため、結局時間かかって焦げ臭さばかりが残るので…。リキッドを入れないと短時間通電ですぐにコイルが赤熱するため、ホットスポットがわかりやすい気がしています。

バッテリーには負担がかかると思うので、他に良い方法があれば切り替えたいところではありますが。


bs08.jpg

で、全部装着して完成。GP PAPSにはもちろんKickが仕込まれています。
使用感としては、


・煙量・味はまあまあ多いし美味しい。特に減点するところなし。
・キック・喉越しもOK。キックは普通だけど煙は滑らか。
・トップコイルだけど煙温度は低めに感じる。
・重い。ので手が疲れる。けどこの重さが気持ちいい。:D
・横にすると漏れる。最大のマイナスポイント。
・チェーンスモークするとちょっとイガる時がある。


吸い心地としては十分合格点!Genesis Lineか良く出来過ぎているので比べると煙量や味、セットアップのしやすさでは劣るかなあと思いますが、それ以外と比べて吸い心地で劣る感じはありません。

アトマイザーベース上の空間が広いので味は薄めになるかなあと思ったんですが、よく見るとカバーが超肉厚にできていて、見た目ほどにスペースがない構造なのが功を奏している気がします。いや、その分重いんですけどね。ただでさえ重いGP PAPSと組み合わせたもんだからずっしり感がすごいです。:D


唯一文句を言いたいのは横にできないこと。なにせデュアルコイルセットアップ用のウィックホールとリキッドホールが開きっぱなしになるため、怖くて横にできません。片方に化学繊維の綿を詰めてリキッドで濡らしてやるとかなり改善しますが、それでも横倒しは無理な状態…。なぜここにもネジを置いてくれんかったのか、docdave氏…。

こちらはあまり大きな問題点ではありませんが、ウィックのタンクから飛び出た部分が長くなるためか、チェーンスモークするとイガる時があります。ちょっと置けばすぐ治るんですが、上記の通り漏れるので逆さまにして強引にリキッドを浸透させる手が使えません。この点もほんのりマイナスですかね。



総じてみればかなりクオリティの高いGenesisアトマイザーだと思います。…が、漏れるのでお出かけに使いにくいのが痛い…。最初見た目は無骨に見えますが、表面の仕上げやネジのスムーズさなど、触っているとむしろエレガントに感じてくる不思議。:D

購入はVapor Wallのdocdaveコーナーから。現在購入リストのセカンドラウンドが行われているので今なら買えます!結構オススメできるGenesisアトマイザーだと思うので、興味があれば、ぜひ!:D
by Ohigesan
01:53 | MOD(APV)アトマイザー | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

Vinci by Yasu75

今日はイタリア生まれのバッテリーMOD、Vinci by Yasu75を試してみたいと思います。

vc01.jpg

Vinci by Yasu75はイタリア人のModderであるYasu氏によるバッテリーMOD。ステンレスチューブを連結させる形でのボトムフィーダー機構という珍しい形式であること、更にチューブやスイッチを組み替えることで普通のバッテリーチューブMODとしても使えること、という2点が特徴的。

一般的にボトムフィーダー機構を持つバッテリーは、大抵箱型でBOX MODと呼ばれる形式がほとんど。ボトムフィーダーでステンレスチューブを採用しているのは自分はこれ以外知りません。初のボトムフィーダーのご紹介がこんな変わり種っていうのもちょっとアレですが、まあそのうちBOX MODも紹介しますので…。:D


??ボトムフィーダーって??
そうそう、そもそもボトムフィーダーってなんなのさ?という件を説明しなきゃですね。この形式の場合バッテリー内部にリキッドボトルを格納していて、ボトルはバッテリーコネクター部分に接続されています。大抵リキッドボトルは外から触れる(むにゅっと押せる)状態になっていて、押されるとバッテリーコネクタからリキッドが溢れだします。あふれたリキッドはそのままアトマイザーのエアホールを通って内部にチャージされ、これによっていちいち上から滴下しなくても直ドリが楽しめたりするわけです。

下からリキッドが供給(フィード)されるので、ボトムフィーダーと呼ばれます。もちろん、この方式は色々無理があって、アトマイザーのバッテリーコネクタにエアホールが開いていないとだめですし、形が大きくズレてたりするとコネクタ部からリキッドが漏れだして大変なことになります。

まあ色々強引な所はあるのですが、直ドリが楽にできたりリキッド保持量が格段に上がったり良いこともあるので、海外では一派を形成するくらい人気があったりします。



で、自分はボトムフィーダーに興味があったのですが、BOX MODはデカい!そして意味不明にゴツい!のにげんなりしまして…。色々探したんですが、VV機構があるボトムフィーダーは意味がわからないくらい大きいし、小型のものはKickを仕込むのに軽く改造が必要だったりアトマイザーに制限があったりでなかなか見つからず、色々妥協してこれを選択することにしました。


えー、前置きが長くてすみませぬ。:P


vc02.jpg
vc03.jpg

コネクターは510口金。このコネクタ部分にそれなりにスペースがあるのが地味にポイントで、ここの広さによって接続できるアトマイザーに制限がつきます。このスペースは下からリキッドが上がってきた際に受け皿の役割を果たすので、割りと小さめかつすり鉢状に設計されることが多いのですが、小さすぎるとちょっとでもサイズが大きいアトマイザーがすり鉢の縁に引っかかって入らなくなります。その点これは大きめで◯!!:D

下の写真はチューブ同士が接続されているところ。右側がバッテリーを入れるチューブ、左側がリキッドボトルを格納するチューブです。この2本が接続され、電流がアトマイザーに伝えられるルートが確保されているわけです。


vc04.jpg

バラすとこんな感じ。オールメカニカルで電子部品なし。スイッチはプッシュ式です。


vc05.jpg

バッテリーチューブは上下に分割されていて、バッテリーを上下に挟み込むようにして格納します。金属チューブなんでKickを仕込むことができ、仕込む場合は写真のように内側から入れて、ポジティブ電極側が最下部にくるようにセットします。

Kickナシの場合は18650、Kickありの場合は18490バッテリー+Kickという構成になります。


vc11.jpg

スイッチはプッシュ式。中央の太いリングがネジで回るようになっていて、回すと上下に移動してロックがかかったり外れたりします。ボタンは最初全然動かなくてびっくりしたのですが、中にある六角レンチネジで調節したところ今までのバッテリーMODのなかで最も押しやすく感触の良いスイッチに…!Uranosとか使ってられませぬ。:D


vc06.jpg

ボトムフィーダー側のチューブは薄い筒が2重になっていて、回転させることで穴の大きさが大小変化します。これは最大の状態で、ボトルを引っ張りだしてリキッドをチャージすることができます。普段は最小にして、ボトルを押してアトマイザーにリキッドをチャージすることになります。


vc07.jpg

バッテリーのポジティブ極とのコネクタ部です。マイナスネジが立っていて、これを上下させることでバッテリーの微妙な長さの差異に対応します。ただ、これが地味にセンシティブで、何度も高さを調整しないと通電してくれません。普通にスプリング式にしてくれれば楽なのに…!とおもいます。

自分としてはこのポイントが最大の不満点かなと…。



これでボトムフィーダースタイルの大体の機能の説明オシマイです。ここにあと2本のチューブがオプションパーツとしてついてきて、それによって筒の太さを変えたりボトムフィーダーでない普通のチューブMODとして使えるようになります。


vc08.jpg

どちらもチューブMODモードでの本体となるチューブです。左は17670バッテリー対応のチューブ、右は16340バッテリー対応のチューブ+アトマイザーコネクター+エアフローパーツです。

17670バッテリーというのは17mm径の67mmの長さのバッテリーですよ、ということなんですが、普通は18650や18350という「18径」バッテリーが主流。17径とか16径なんて使ってるの初めてみました。…というか、そんなバッテリー持っておりませぬ。

一段細いバッテリーの場合14径であることがほとんどなので、その意味でも16,17径は異端な感じ…。Kickも仕込めないので出力調整もできず、自分としてはこのモードはないものとして割り切って購入しています。:D


vc09.jpg
vc10.jpg

一応軽く説明しておきますが、上はバッテリーコネクターとエアフローコントロールパーツ。コネクタがeGo対応なのがえらい!とおもいます。:D 下はさっきのスイッチ部分を下にくっつけた状態。これでバッテリーがあればエアフローコントロールができるチューブMODとして使えるわけです。

…自分は使えませんが:D




vc12.jpg

大きさ比較。横幅があるので結構存在感はありますが、思った以上にスリムで長さもすごく長いわけではないので、見た目ほどのゴツさはありません。VV Gripperの方がよっぽどデカく感じます。



vc13.jpg


だいぶ説明が長くなってしまいました。間違いなく自分が持っているMODバッテリーのなかで最も複雑な機構を備えています。使ってみた感じはKickアリの普通のバッテリーMODで、ボトムフィーダー機構もちゃんと機能してくれます。まあ、リキッドチャージの力加減とかはちょっと慣れが必要そうではありますが…。


今のところの評価としては

・チューブ型のボトムフィーダー!COOOOLLL!!!
・Kickが仕込めてイイネ!(ちょっとKickの挙動が不安定なときがあるけど)
・ボトムフィーダー難しい…
・思った以上に大きすぎず、手に馴染む感じ(自分は手が大きい方ですが)
・全体的に質感が高い
・リキッドボトル小さい(2ml)
・チューブMODモードイラネ、というか、なぜ18径にしなかった?

…という感じ。

機構の複雑さや大きさ、重さも相まって今まで入手したメカニカルMODバッテリーの中では最も満足感が高いです。なんというか、質感が高いというか…。ただ、170€(17,000円くらい)とお値段もかなり高め。ボトムフィーダーそのものが人を選びますし、値段もあわせて誰にでも勧められるようなモノでは決してありません。

まあ、値段は普通のバッテリーMODでもこのステンレスの筒に1万円!?みたいなのも沢山あるので、MODに手をだす時点で気にすんな!:D という気もしますけどね。自分としては手に入れて全く後悔のない逸品だったなぁと思っています。


えー、いいものです。買うかどうかは、自己判断で!:D

あ、そうそう、購入はESMOKER-INCから。こちらのサイトではチューブMODモード無しで売っていますが、日本から買えるかは調べておりませぬ…。あと、お値段は1000円しか変わりません。:D
by Ohigesan
05:18 | MOD(APV)バッテリー | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

Vision 510 Steel Hybrid Atomizer

今日は直ドリアトマイザー、Vision 510 Steel Hybrid Atomizerを試してみたいと思います。

vs01.jpg

このアトマイザーはStardustを生み出したVision製の直ドリアトマイザー。地味にVisions製品ってStardsut以外あまりショップで見かけることがないのですが、珍しく直ドリアトマイザーが販売されていたので購入してみました。抵抗はLRの1.5Ωです。

実は306DCAを入手して以降最近直ドリ見直し期間だったりして、他にも色々購入しています。そのへんも追々レビューしてみようかなと…。:D


vs02.jpg

特徴としてはHH.357と同じくブリッジレスであるということ。左が今回のVision Steel Hybrid Atomizerで、右がHH.357。見た感じはHH.357のCisco製コイルの方が随分みっしりと詰まって見えるのに対し、こちらはちょっとスカスカな感じがあります。また、HH.357の方がアトマイザーの上部まで内容物が詰まっている感じで、リキッド保持量も多そう。

うーん、ちょっと不安感が…。:D


そうそう、ブリッジレスというのは直ドリアトマイザーはコイルの上に金属メッシュのブリッジが渡されているのが結構一般的なんですが、そのブリッジがないですよ、ということ。自分はブリッジレスだと何がどう変わるのか実はよくわかっていないのですが、ショップの説明とかでは金属臭がしないよ!とかそんな感じで紹介されることが多いようです。

…でも、ウィックの周囲に結局金属メッシュは配されているので、それで金属臭がしないとかホントかー?と思ってしまうところ…。というわけで、ブリッジレスだとどうなのさ?という疑問は未だ消えていないわけです。:D単純にリキッド保持量は減るんじゃないかなということと、コイルが露出しているのでリキッドが直接滴下できてチャージ直後の味が濃いんじゃないかなあとは思うのですが。まあその点含めてレビューしてみたいと思います。


あと、Hybridというのは多分トップフィード(上から滴下する)にもボトムフィード(バッテリーコネクタ側からリキッドを供給するシステム)両対応ということだと思います。バッテリーコネクタ側はシールドされておらず、センターポールにエアホールが開いていて、ボトムフィーダーの場合はここからリキッドが入るんじゃないかなと。


色々知識が適当ですみませぬ。:D


vs03.jpg

吸ってみた感じは…、うわあ美味しいやこれ。

・プライマー液がないのでならしいらず
・ドローは結構重め
・キックは標準的
・煙がとても滑らか(306 Ciscoと比べても遜色ない…というか、これのが上か?)
・味はかなり濃く出る(直どりなので当たり前ですが)
・10滴近く垂らしても漏れず、ジュルジュル言わない
・なぜか煙温度は低めに感じる

…といった感じ。あれ?なんか自分の感覚だけだとHH.357Cisoco 306と比べて引けを取る所がないような…。最初の不安感など吹き飛ばすレベルで大変美味しいです。


まず驚いたのはジュルジュル言うかどうか試し吸いしながら滴下して、10滴入れてもジュルジュル言わない(そして煙量が減らない)こと。直ドリアトマイザーは大抵4~5滴も入れれば満杯な感じで、味が薄くなったなーと思って2滴追加するとまたジュルジュル言って一瞬煙量が減る(で、喉に刺さる刺激がでる)…ということが多いんですが、これはなかなかジュルジュル言いません。保持量がかなり多いのか、よくある入れすぎてエアホールから漏れる(のでドリップシールドを使う)こともありません。


次に驚いたのは煙の滑らかさ。306 Ciscoを吸った時に感じた煙の滑らかさはこれもかなりのもの…。むしろリキッド保持量がこれのがかなり多いためか、チャージ直後の煙量が減って刺激が出る(=滑らかさが一瞬なくなる)タイミングがほとんどなく、滑らかな煙を長時間味わうことができています。


ドローはかなり重めで、それもあってかキックはなかなか。味も直ドリならではの濃いめの味。抵抗は1.5ΩなのでMini eGoバッテリーでも美味しく吸えますし、あれ?なんかかなり高評価なアトマなような気が…。うーん、少なくとも今まで使った直ドリアトマの中では一番使いやすい気がします。

これはそのうち他のものと並列に並べて吸い比べしてみないと…。:D



購入はClouds of Vaporでお値段$8.99。700円くらいなので決して安くはないですが、今なら$6.29のセール価格。HH.357が1700円くらいなので、自分としてはこちらを選択しちゃうかなあという感じです。


どうでしょう、珍しいVision製直ドリアトマイザー。かなりオススメです!
by Ohigesan
02:39 | 510アトマイザー | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

Mini eGo

今日は超小型バッテリー、Mini eGoをご紹介してみたいと思います。

me01.jpg

ええ、小ネタです。:D

mini eGoバッテリーはsmokTech社製の超小型eGoバッテリー。実測5.8cmの超小型ボディに350mahの蓄電量を備えた、小さい…普通のeGoバッテリーです。これと似たコンセプトのバッテリーにSD Key Ringという超小型のバッテリーがあるのですが、こちらは通常の510コネクターのみの対応に対しmini eGoは当然ながら510 / eGo両対応。

使うなら小ささ同士のコンビネーションでshorty cartomizerと組み合わせて…がよさそうですかね。あまり大きいのくっつけると頭でっかちな残念な見た目になりますので。

me05.jpg

抵抗ナシの状態では4.01Vなので、抵抗アリの状態で3.7Vの設定なんでしょう(抵抗つけたら上手く表示が出ませんでした:D)。もちろんVV機能なんかついていないので普通に3.7Vで吸うことになりますが、まあLRカトマイザーでも装着するのであれば全く問題ない電圧です。


me03.jpg

大きさは本当に小さくて、shorty cartomizerを装着してProVari MinieGo-C Twist 650mahよりも更に小型。手のひらにすっぽり収まるサイズです。超かわいいです。:D


me04.jpg

これだけ小さい上に5-click-on/off機能を備えているので、まさにポケットフレンドリー。350mahあるので、2本あればお出かけしても十分帰って来られる計算です。ゴツいのを持って歩くのは嫌だ!という人にはまさにうってつけのアイテム。さすがにsmokTechはこういうニーズの存在をわかってて出してるなあと感心させられます。:D


me02.jpg

これ決して小さいだけのネタ商品じゃないですよ。ニーズによっては普通にメインバッテリーになりうる性能を秘めています。自分はCloud of Vaporで購入、お値段$12.99でした。


どうでしょう、mini eGo。痒いところに手が届くナイスバッテリーですよ!:P
by Ohigesan
02:45 | MOD(APV)バッテリー | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

306DCA

今日は高機能306アトマカバーの306 DCAを試してみたいと思います。

dca01.jpg

306 DCAはGoodSenseVaporというアメリカのショップが開発した306アトマイザー用のアトマイザーカバー。先日紹介したドリップシールドと似た機能なのですが、こちらは2パーツで構成されていて決して漏れない構造+エアフロー調節機能が加わり、全体として一種のシステムを構築しています。

いかにもちんまりとしてしまう直ドリの見た目を良くしつつ、エアフロー調節機能でドローをコントロール、味の面からも底上げしてくれるナイスアイテム!というわけです。


dca02.jpg

奥の3つがうカバー部分で、手前一番右がベースパーツ。この2つで306アトマイザーを包み込む状態にして使うことになります。カバーが3つもあるのは見た目にはわからないレベルで内径が違っていて、様々なメーカーが販売する306アトマイザーの外径の微妙な誤差に対応しています。

今回は306 Cisco(写真手前左)とDCA純正306アトマイザー(手前中)で試してみました。


dca03.jpg
dca04.jpg

上が306Cisco、下が純正306アトマに同じカバーを装着した状態。純正の方はキツくてハミ出した状態になっていて、少なくともこの2つでは径に違いがあることがわかります。この時点では若干ハミ出しているくらいが丁度よい塩梅で、後でベースパーツに装着する際にきちんと押し込まれてぴったりハマる状態になってくれます。


dca06.jpg
dca07.jpg

ベースパーツにカバーを装着したアトマイザーを押し込みます。ベースパーツ内部とカバーにはネジ溝が掘られていて、回しながら締め込んでいくことになります。これをどのくらい押しこむかでエアフローが調節できる模様…。少しずつ吸いながら締め込んでいきます。

セットアップはこれだけのシンプル設計なので、一瞬で作業が完了します。
また、ベースパーツのセンターポールにはエアホールが開いていないため、当然ですがリキッド漏れは発生しません。漏れはベースパーツの内部のみで完結します。これを実現させるためにあえて2パーツ構成にしているんだと思われます。


dca08.jpg

ProVariに装着するとこんな感じ。太い筒に細いアトマがちょこんと乗っているいつもの直ドリ風景から比べてだいぶ見た目がイケてる感じになってくれました。


吸ってみた印象としては当たり前ですが306 Ciscoによる直ドリなので美味しいです。純正の方はプライマー液でビダビダになっていたので、ちょっとならし運転が必要そう…。エアフローが少し重くなったため、味とキックのインパクトが一段上がってより美味しい感じに!

うんうん、これはなかなかいいものです。オススメ!:D




dca09.jpg

おまけ。追加購入でeGoバッテリー用のコーンを装着してみました。シルエット的にはバッチリ!…なんですが、なぜかちょっとDCA本体と色が違うような…。


なんでだ?:D



ちなみに、今回自分はCloud 9 Vapingから購入しました。自分が買ったPolish版、買っていないBlack版も今なら在庫があるようです。こないだまで品切れだったので、購入はお早めに…。:D
by Ohigesan
23:26 | 小物・アクセサリ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

VV Gripper (VVバッテリーMOD)

今日はVV Gripperを試してみたいと思います。

vg01.jpg

VV GripperはsmokTec社製のVV(可変電圧機構)つきのバッテリーMODで、その名の通り握りこむようにして持つことが特徴のBOX型MODバッテリー。BOX型MODバッテリーには中にリキッドボトルを仕込んで下からリキッドを供給するボトムフィーダー機能を持つもの、これのようにVV機能を持つもの、両方の機能を持つものの大きく3つがあって、これはVV機能+18650の大サイズバッテリーに対応したタイプ。


これには前身となるGripperというバッテリーMODがあり、なんの機能もないものの安くて小型、デザインが自分的にかわいい、という理由で欲しかったんですが、最近になってVV機能付きが出た!ということでこれを購入してみています。お値段は5000円程で、まあVVバッテリーMODとしては安い方。

…というか、Gripperも買ってるんですけどね。こっちはちょっとレビューするにはパーツが足りなかったので取り寄せ中…。そのうち並べてレビューしてみようかと思っています。



まあ、実際ProVarieGo-C TwistがあればVVにこだわる理由はないんですけど、興味が湧いてしまったもので気づいたらおうちに届いていました。:D


vg07.jpg

大きさは…、ちょっと引くレベルで大きいです。外には持って出れません。:D
素材は思いっきりプラスチックなので軽く、金属製のMODに比べれば質感的には残念。とはいえ軽いのはいいことですし、プラスチックをマットに仕上げてあって肌触りがなかなかいいので、握ってみると以外にしっくり来る感じがあります。



vg04.jpg
vg05.jpg
vg06.jpg

機能としては必要十分で、

・3.0-6.0V を0.1V刻みで調節可能なVV機能(写真上中)
・接続するアトマイザーの抵抗を図る機能(写真下)
・5クリックオンオフ
・ディスプレイオンオフ

あたりを実装しています。で、こないだ購入した電圧インジケーターで電圧の実測をしてみようとおもったんですが、インジケーターのディスプレイが激しくオンオフしてしまって測れない…。抵抗をつけてみても同じということで、どうやらカットオフ機能が働いたわけでもなさそう。


これは…。ピーク電圧は高いままで、パルスの感覚を調節することで擬似的にVVを実現しているのでは…?ちょっと嫌な予感を感じつつ直ドリアトマで試し吸いをしてみました。


vg03.jpg


うーん、結果としては明らかに出力オーバーになっている印象でした。これとProVariで同じ電圧設定にして吸い比べてみると、同じ3.7Vでもこちらの方が圧倒的に煙量が出ます。感覚的には3.0V設定にしてProVariと同程度の煙量で、3.7Vでは喉に刺さる刺激がかなり出ました。


あまり詳しくスペックを調べていないのでわからないのですが、多分ProVariのやタケミカヅチ 真打のようなパルスの電圧帯そのものを引き上げる昇圧方式ではないっぽい感じ…。煙量は出るのでアトマイザーとの相性次第ではありますが、少なくともLRアトマとは相性が悪いように思いました。


あとは…。まあ大きいことは知った上で購入しているのでその点に文句をつけるわけではないのですが、そこそこサイズがあるのだから昇圧方式のVVに対応するなりボトムフィーダー機能をつけるなり、もう少し頑張って欲しいなあと思ってしまいます。その点タケミカヅチ 真打はよくできたバッテリーですね…。



えー、結論ですが、自分はあまりオススメしません。
VVバッテリーなら他に良いものが沢山あるので、デザインにビビっと来なければスルーでいいんじゃないかなと思ってしまいました。smokTech社製なので過度な期待はしていなかったのですが、うーん、ちょっぴり残念。
by Ohigesan
05:07 | MOD(APV)バッテリー | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑

Vermillion River リキッド

たまにはリキッド新規リキッドショップ開拓でも!ということで、今日はVermillion River Premium EJuiceを試してみたいと思います。

vr01.jpg

Vermillion Riverはアメリカミネソタ州で営業しているリキッドショップ。バーミリオンリバーという川は地味に世界に色々あるらしいのですが、ミネソタにもあるのできっとその近くだったりするんでしょう。

リキッドショップとしては2008年に自分目的のDIYが高じた結果、これは自分できちんと香料を勉強しないとダメだ!…からショップを経営するにまで至った模様。ファミリー運営で営業されているそうです。そうそう、Guide to Vapingの2011ベストカスタマーサービスを受けているらしく、前々から狙っていたショップだったりします。



今回試すフレーバーは

・Kentacky Peachwood
・Hawaian Pinapple
・Florida Citrus Explosion

の3つ。普段はもう少し種類を試すんですけど、今回はちょっと全然別のショップに卸されているのを購入したため、選べる種類が少なくてこの3種類になりました。Peachwoodとかどんな味なんよ!:D 一応リンクは本店を貼ってあります。軽く見た感じ、アカウント登録にJapanが入っているので日本からでも問題なく買えるんじゃないかなと思います。

…さて、それじゃあ試し吸いしてみようかなと。あ、いつもどおりCheerful Drippy 2での直ドリレビューです。そろそろ306 Ciscoケチるのやめようかしらん。:D



・Kentacky Peachwood
フレッシュピーチのフレーバーを元にしたブレンドらしく、ケンタッキープレミアムという
カテゴリの中では最もメジャーなフレーバーらしいです。

ん?うおー甘い!かなりどっしりとした腰の太いフレーバーです。
フレッシュピーチというよりはむしろ完熟桃にたっぷりメープルシロップを垂らしたような
ハチミツを垂らしたような、ガツンとくる甘さ。でも美味しい…。
嫌なケミカルさは一切なく、キック、煙量的にも文句なし。
ちょっと喉に刺激がある感じがあるのが若干マイナスなくらいで、
人によってはかなり好きな味なんじゃないかなと。
十分あたりです。めずらしくおかわりしちゃいました。:D


・Hawaian Pinapple
おー美味い!!パイナポー!!これは明らかにパイナップルです。
さっきとは打って変わってなかなかの爽やかさ。
これは地味にレギュラー入りを検討できる美味しさなのでは…。
ケミカル臭なし、キック、煙量文句なし、のどごしも滑らかで、
特に大きく文句をつける場所は見当たりません。パイナップル味って初めて買ったんですが、
これはアリだなぁと思いました。ただ、直ドリでちょうどいい味なので
普通のアトマで吸うと薄いかも知れませんが…。とはいえ、おかわり!そして当たり!


・Florida Citrus Explosion
おーこれも美味い!シトラス爽やか!
かなり爽やかなフレーバーで甘さ控えめ、煙量やキック、のどごしも文句なし。
ケミカル臭もないし、うーんこれは甘いの苦手な人でも好きな人いるんじゃないかなあ…。
これもレギュラー入りを検討できる美味しさです。
おー珍しく全部あたった!すげー!



トータルとしてみると、どれも良いクオリティのリキッドでした。highbrow vaporの方が好みとしては合っているかなと思うんですが、ちょっと普段と毛並みが違うフレーバーを頼んでみて、どれも素直に美味しいと思えるあたり品質の良さが感じられます。

何よりパイナップル、シトラスは確かにパイナップルだな、シトラスだな、と思える時点で相当高評価です。大抵の店はうーん、これ、ピーチか…?みたいなことが多いので…。


これはなかなかオススメです!とりあえず違うリキッド注文してみよっと!:D
by Ohigesan
02:04 | リキッドレビュー | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

可変電圧蓄電池 タケミカヅチ真打

今日はVVバッテリーの可変電圧蓄電池 タケミカヅチ真打を試してみたいと思います。

tk01.jpg

これは

・可変電圧(VV)
・パススルー機能

の2つがついていることが特徴的なバッテリー。VV機能はeGo-C Twistがありますが、それとパススルー機能のセットとなるものはなかなか見ません。サイズの大きいMODではあるのかも知れませんが、それをeGoバッテリーサイズのボディに詰め込んでいるのがなかなか夢のあるアイテムです。


tk02.jpg

そうそう、パススルー機能とは充電の際は通常アトマイザーを外して行いますが、バッテリーのおしりにケーブルを差し込むことで充電しながらのチェーンスモークを可能にする機能のこと。ただ、購入した沼田茶舗さんではB級品と正規品の2種にわかれていて、B級品はパススルー負荷とのこと。


日本名がついていることでちょっと珍しい印象がありますが、これは沼田茶舗さん命名なのかしらん?海外のショップでは見たことないので、どこ製なのかも知りたい所…。

まあ前置きは置いといて、色々調べてみたいと思います。


tk11.jpg

太さは若干太めの1.5mm。eGoバッテリーが1.4mmなので1mmの太さアップですが、結構太めに感じます。


tk12.jpg

長さは…、長い!650mahにもかかわらず、eGo-C Twist 1100mahよりも更に長い!一番下がTwistの650mahなので、それと比べるとかなりの長さがあります。まあ、インジケーターがあるので仕方ないないのかも知れませんが。


tk03.jpg

VV機能は0.1V単位で3.0から6.0Vまで変えることができます。eGo-C Twistでは底部をねじるアナログ式なので、この点はわかりやすさの面で上回っています。


tk04.jpg
tk05.jpg
tk06.jpg
tk07.jpg

それぞれ3V-4V-5V-6Vの時で抵抗つけずに実際の電圧を調べてみました。ほぼ表示値通りのパフォーマンスです。


tk08.jpg
tk09.jpg

上の画像はタケミカヅチ3.7Vで1.5Ωをつけてみた状態、下がProVariで同じ状態で試してみた画像です。タケミカヅチは結構電圧が下がってしまいますが、さすがにProVariは差が出ません。まあ値段の差が随分あるのでこれは仕方ないかな…。ちなみにeGo-C Twistの場合は3.64Vだったので、この点ではTwistの方が高性能なのかも知れません。目分量設定なのでなんとも言えませんが。:D


そうそう、この電圧を測ってみるアイテム(Tankometer Voltage Indicator)も最近買ってみました。


tk10.jpg

使ってみた感じは普通にVVバッテリーです。若干降圧してしまう部分は高めに設定すれば問題ないですし、デスク前のチェーンスモークをする人(ネトゲ人とか)にはパススルー機能も便利です。長いのでお出かけには向きませんが、そもそもパススルー面を考えれば家使いを想定したアイテムだと思いますし。なかなかオススメできるアイテムなんじゃないかな…。


まあ、とはいえTwistを2本持ってデスク前にUSB充電器が置いてあれば別にそれでいいんじゃないかなという気もしちゃうんですけどね。:D


途中でも紹介しましたが、購入は沼田茶舗さんから。現時点で残り2本なので、購入はお早めに!
by Ohigesan
05:55 | MOD(APV)バッテリー | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。